ニュース

佐野SAがまさかの営業休止!理由は従業員のストライキ?ストライキの原因は何?

お盆真っ只中、高速道路も帰省で混雑していますね。

同時にSA(サービスエリア)も大忙しになるはずですが、その状況の中で、まさかの営業休止になったSAがあります。

東北道・佐野SA。
そこのSAには従業員が全くおらず(いわゆるストライキ)、お店も機能していないんだとか。

この状況に、お客さんも戸惑いの声が多数ありますが、なぜストライキになったのか、そしてネットでの反応をまとめてみようと思います。

佐野SAで従業員のストライキが発生

NEXCO東日本の公式サイト、そして各ニュースサイトでも佐野SAでのストライキを発表し、大きな話題になっています。

東北自動車道 佐野SA(上り線)レストラン、フードコート及びショッピングコーナーにつきましては、テナント従業員の就業拒否により、本日未明から営業を休止しております。お客さまには大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

営業再開に向けて準備を急いでおりますので、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

現在、ケータリングカー等、一部営業を再開しており、ガスステーション、E-NEXCO LODGE、自動販売機、駐車場、

トイレは通常どおりご利用いただけます。

なお、東北自動車道 佐野SA(下り線)は、佐野SA(上り線)から徒歩でご利用いただくこともできますので、お客さまには大変ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、他の休憩施設をご利用いただくか、佐野SA(下り線)のご利用をお願いいたします。

(引用:https://www.e-nexco.co.jp/emc/info_20190814172556.html)

 

お盆休みの真っただなか、高速道路のサービスエリアで異様な光景が広がっています。中は暗く、人の姿もありません。一体、何があったのでしょうか。

ここは栃木県東北道上り線の佐野サービスエリア。お昼時ににぎわうはずの時間帯の店内は薄暗い。人の姿はなく、静まり返っていた。フードコートの厨房も真っ暗。券売機には中止の文字が貼られていた。その様子はまるで廃虚。訪れた人は…。
訪れた人:「来てどうしようかなんて言ってたんですけど」「(Q.この状況、この時期に?)ちょっと困っちゃいますよね」「びっくりですね。想像してないですからね。困りますね。残念です」
入り口の自動ドアの貼り紙には営業休止の内容があり、立ち寄ったほとんどの客が困惑していた。一体、何が起きているのだろうか。
訪れた人:「ボイコットがどうのこうのって」「(Q.従業員が集まらなくて営業できない)あり得るの?そういうこと」
原因は、サービスエリア従業員のストライキだという。関係者は…。
従業員:「部長の不当解雇に対することを納得できないから、組合としてストライキを決行した」
納品業者:「真実はちょっと違うんじゃないかなと感じました。労働組合なんて作ったのも経営者も知らなかったと言ってた。もうちょっと水面下で非常に何か動きがあったんだろうと」
今後、経営者側と従業員側で話し合いを行って、営業が再開できるのか決めていく方針だ。運営を委託するNEXCO東日本の子会社は…。
ネクセリア東日本宇都宮支部長・足達嗣人さん:「佐野ラーメンを食べにくる方もいれば土産を楽しみにしている方もいます。本当に申し訳ないなと思っています。今は一刻も早く営業再開に向けて進めていきたい」

(引用:https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000162038.html)

佐野SA従業員ストライキの原因は?

(引用:https://brandnew-s.com/2019/08/14/sanoservicearea-tr000/)

突然のストライキ騒動で誰もが気になるであろうストライキの原因。

こちらについても、佐野SAの店舗に以下のような張り紙があったとSNSで報告が上げられています。

大きな理由として、佐野SAの経営を任されていた株式会社ケイセイ・フーズの部長が不当解雇されたことによる抗議のためのようですね。

こうしたストライキに繋がっているということは、それだけ経営陣は最悪だったということですし、これに反発してストライキを起こしたのは理由として不自然なことではないでしょう。

佐野SAストライキは経営悪化も関係している?

そもそもこのストライキも、経営が悪化しなければ起きなかったことだとも言われています。

株式会社ケイセイ・フーズは、経営難により、倒産の危機にあったと言われています。

「実は先月、佐野サービスエリアをNEXCO東日本から任されている株式会社ケイセイ・フーズが倒産の危機にあるとの情報が流れました。その情報を入手した一部の業者が、納品を中止する事態に発展。業者間の横のつながりで情報は一気に広がり、雪崩を打って次々と納品が停止された。あっという間の出来事でしたが、納入業者としても被害を最小限で食い止めるため、シビアにならざるを得ないのです」

本誌記者が現場を訪れると、子連れの夫婦が何も置かれていない棚の前で呆然としていた。一つも商品がないラーメン売り場の棚は長椅子にしか見えず、小さな子供たちが座ったり登ったり、やりたい放題。納品関係者が続ける。

「ケイセイ・フーズがメインバンクから新規融資凍結の処分中であると確認できたことで、納入業者たちは仰天。その心配に対し、ケイセイ・フーズ社長は当初、『業者ごときが調子に乗るな』と反発していた。しかし、本当に売り場から商品が消えたことで、NEXCO東日本が契約を解除する恐れが出てきた。そこで、今度は即金で支払うから商品を入れてくれと連絡がきて、なんとか納品が再開されたと聞いています」

(引用:https://friday.kodansha.co.jp/article/60020)

こちらについてもニュースサイトにて報じられています。

わかりやすく説明しますと、取引先が倒産の危機にあるとなると、黙っていられないはずです。

高いお金を払って商品を仕入れたにも関わらず、見返りとして返ってくるお金が倒産によって返ってこないとなると大きな被害に繋がります。

そんな状況にも関わらず、「業者ごときが調子に乗るな」と述べる態度は傲慢以外何物でもありません。

それがきっかけで商品が納品されなかったようです。

そして、その取引先に支払うお金が多数残っていたため、それを支払うお金を用意するために人件費を削減する名目で不当解雇したのだとか。

これがストライキに繋がってしまったようですね。

佐野SAストライキに対するネットの反応

突然のストライキにより、ネットでも戸惑いの声は少なくありません。

しかしながら、事情を知った一部の間では、ストライキを起こした従業員に対して応援の声も数多くありました。

◆不当解雇を受けた部長と、更迭された支配人を応援したい

◆部長と支配人を経営者が解雇して、社員皆さんと関係業者の方々が経営者と戦っているみたいですね。

現場第一に考えて欲しいですね。

社員皆さんや関係業者の方々とお客様がいるから、経営が成り立っている事を忘れないで欲しいですね。

◆客が困っているだろう。
NEXCO東は経営を委託している相手から経営権を剥奪して、別の健全な事業所に早急に変更すべきだと思う。

◆一番の稼ぎ時に経営者に対して反旗を翻したわけだから、経営への影響は深刻でしょう。
利用者からすれば、迷惑と感じるかもしれないけど、逆に、なぜこの時期にストライキを起こすのか、考えてみても良いと思う。

◆社長が終わってるっぽいな

このお盆にやれないのは会社としても一般客としても手痛い

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00010000-biz_shoko-bus_all)

まとめ

佐野SA従業員ストライキの原因についてまとめてみました。

原因は信頼の高かった部長の不当解雇、経営陣に対する大きな不満でした。

サービスエリアにとってお盆は一番の稼ぎ時。
この時期にストライキを起こしたということは、それだけ大きな不満を従業員達が抱えていたことが伺えます。

従業員の方達が報われる事を願って止みません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。