映画

「崖の上のポニョ」ポニョはなぜハムが大好き?詳しい理由を考察してみた!

今でも根強い人気がある「崖の上のポニョ」。

CG等は一切使わず、全て手描きにこだわるなど宮崎駿監督のこだわりが垣間見れる作品でもありますが、主人公のポニョが大のハム好きであることは、ファンの方なら誰もが知っていることではないでしょうか?

一部の間では、「なぜポニョはハムが好きなの?」と疑問に思う方がいます。

そこで今回は、なぜポニョがハムが好きなのか考察してみました!

「崖の上のポニョ」あらすじ

崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、ある日、クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う。

アタマをジャムの瓶に突っ込んで困っていたところを、宗介に助けてもらったのだ。

宗介のことを好きになるポニョ。
宗介もポニョを好きになる。
「ぼくが守ってあげるからね」

しかし、かつて人間を辞め、海の住人となった父・フジモトによって、ポニョは海の中へと連れ戻されてしまう。

人間になりたい!
ポニョは、妹たちの力を借りて父の魔法を盗み出し、再び宗介のいる人間の世界を目指す。

危険な力を持つ生命の水がまき散らされた。
海はふくれあがり、嵐が巻き起こり、妹たちは巨大な水魚に変身して、宗介のいる崖へ、大津波となって押し寄せる。
海の世界の混乱は、宗介たちが暮らす町をまるごと飲み込み、海の中へと沈めてしまう——。
少年と少女、愛と責任、海と生命。
神経症と不安の時代に、宮崎駿がためらわずに描く、母と子の物語。

(引用:http://www.ghibli.jp/ponyo/press/story/004993.html)

ポニョはなぜハムが好きなの?

物語の序盤、リサ(宗介の母親)の車の中で、宗介がポニョにサンドイッチをあげるシーンがあります。

それを見たポニョは真っ先にハムに食いついていましたね
しかも、パンにも目もくれず。

それに、その後のラーメンを食べるシーンでも真っ先にハムに食いついていました。

そこまでしてなぜポニョはハムが大好きなのか。

こちらで調べてみたところ、有力な理由がいくつか見つかりましたので、こちらで挙げてみようと思います。

理由1:ハムに塩分が含まれているから

こちらの理由について調べてみたところ、ハムの制作工程について興味深いことがわかりました。

ハム(英: ham)は、豚肉・猪肉のもも肉を塊のまま塩漬けした加工食品。または、その類似品。英語のhamとは元々は豚のもも肉の意味であるが、豚のもも肉を塩漬けにした加工食品を指す場合が多い。

(引用:wikipedia

普段の生活で馴染み深い食材であるハムですが、それらは塩漬けされてできているという事実を知る人はそれほど多くはないはずです。

つまり、ハムは海水と同じ状態なんですね!

ずっと海の中で暮らしてきたポニョにとって、塩分はなくてはならないもの。
言い換えれば、日本の食卓に並べられるお米のように、切っても切れない存在ではないでしょうか。

そのため、ポニョはハムが大好きだという説があります。

理由2:アマチュア無線家の通称だから?

ハムという言葉は、食べ物としての名称以外に、アマチュア無線家の通称としても意味をなします。

アマチュア無線家は、「ハム」(ham)とも呼ばれる。

(引用:wikipedia

ファンの方なら、ピンときたかもしれませんね。

宗介の家族は、モールス信号を使って頻繁に家族の間で連絡を取り合っていました

耕一(宗介の父親)が自宅に帰れないシーンでも、リサと宗介が暗闇の中でライトを操ってモールス信号を送っていました。

また私設の短波無線局を使っている場面もあり、アマチュア無線家との関係がより深く描かれています。

アマチュア無線家の通称、「ham(ハム)」と食べ物のハムと掛け合わせている。

なかなか面白い理由ですよね!

理由3:人類の祖先の一人である「ハム」にちなんで

ノアの方舟(はこぶね)という有名な聖書では、主人公「ノア」の3人の息子の一人として「ハム」という人物が登場します。

ノアの方舟と崖の上のポニョの共通点として、大洪水が描かれています。

その共通性をもっと高めるために、食べ物のハムをポニョの大好物として描いたのではないでしょうか?

あくまで諸説ですが、こちらも面白い理由ですよね!

理由4:宗介の血を舐めたことで体質が変化し、その影響から

(引用:http://www.ghibli.jp/ponyo/press/story/004993.html)

ポニョはフジモト(ポニョの父親。元人間)の目を盗み、家出をした際運悪く空き瓶に嵌まってしまいました。

それを見た宗介は、その空き瓶を割ってポニョを救い出しましたが、それによって宗介は怪我をしてしまいます。

ポニョは宗介の傷口から出た血液を舐めたことで特異体質へと変化し、それによってハムが好きになったという説があります。

事実、ポニョはハムが大好物と知ったフジモトがかなり驚く場面がありました。

このことから、ポニョがハムが好きになったのはかなり最近ではないかと言われています。

まとめ

ポニョがハムが大好物の理由についてまとめてみました。

こちらの理由については、公式に発表があった訳ではないので、あくまで噂程度にとどめておくと幸いです。

しかし、どれも面白い理由ばかりで、それらを知った上で観てみると、また新たな発見があるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【中古】 崖の上のポニョ /宮崎駿(原作、脚本、監督),奈良柚莉愛(ポニョ),山口智子(リサ),長嶋一茂(耕一),天海祐希(グランマンマーレ),久石譲(音楽) 【中古】afb

価格:2,508円
(2019/8/23 22:26時点)
感想(11件)