映画

「天空の城ラピュタ」どうやってシータはパズーに滅びの呪文「バルス」を伝えたのか考察!

1986年に公開されてから、今でも根強い人気を誇るジブリ作品「天空の城ラピュタ」。

噂によると、公開されたばかりの時の劇場はガラ空きだったのだとか…。

その噂が信じられないくらい、今でもファンの方は多く存在しますが、一部の展開において疑問に感じている方も少なくありません。

滅びの呪文「バルス」をパズーはどうやって知ったのかも、疑問の一つではないでしょうか?

シータから教えてもらったのですが、どうやって伝えたのでしょう?

今回は、うやってシータはパズーに滅びの呪文「バルス」を伝えたのか考察してみました。

「天空の城ラピュタ」のあらすじ

飛行船に乗せられていた少女シータは、政府の特務機関のひとりムスカ大佐の捕らわれの身でした。

彼らの狙いはシータが亡き母親から受け継いだ不思議な“青い石”でした。

そこに飛行船を襲撃する海賊ドーラ一家。彼らの狙いも同じく“青い石”で、シータは逃げようとした際に誤って飛行船から落ちていまします。

鉱山町で見習い機械工として働くパズーは、空から降ってきたシータを見つけ助けます。

しかもその際にシータは、“青い石”の放つ不思議な青い光に守られて、気を失いながらゆっくりとパズーの腕の中へ落ちてきたのです。

パズーはシータが海賊ドーラ一家に追われていることを知り、シータを守ってともに家から逃げ出します。

蒸気機関に乗って海賊たちと自動車での追跡劇をかわしたものの、今度は軍隊の装甲列車からの攻撃を受けてしまい、危機一髪のパズーとシータは谷に落ちしまいます。

だが、2人は“青い石”の不思議な力によって再び空中に浮き救われます。

鉱山の洞窟に逃げ込んだパズーとシータは、石に詳しい老人のポム爺と出会います。

ポム爺によればシータの持つ“青い石”は、昔にラピュタ人によって作られた飛行石の結晶だと聞かされます。

その石と同じよう飛行石の力によって、ラピュタ人は空に伝説の島を浮かべたと言い、それはパズーの亡き父親の見たというラピュタであり、パズーはラピュタへ行くことを夢見ます。

そしてシータは隠していた秘密をパズーに話します。それはシータには「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタという秘密の名前も受け継がれていたというのです。

ポム爺と別れパズーとシータは地上に戻りますが、特務機関のムスカ大佐や軍に捕まってしまい要塞へと連行されてしまいます。

そこでシータは特務機関を指揮するムスカ大佐から、ラピュタから落ちてきた壊れた古い謎のロボット兵を見せられます。

ラピュタは遠い昔に滅びたが、かつて高度な科学力を身につけて天空から世界を支配した強大な帝国だったのです。

しかもムスカ大佐が言うには、それは今も空のどこかに浮いているとシータは聞かされます。

飛行石はラピュタ王族がいつかラピュタに還るために受け継ぐためのものだったのです。

ムスカはその末裔こそがシータであると明かします。

ラピュタこそが平和にとって危険であると、ムスカ大佐はラピュタ探索への協力を求め、パズーの身を解放する代わりにシータは脅され止む無く受け入れます。

一方のムスカ大佐に解放されたパズーは、シータに必要とされなかったこと、そして父親の見たというラピュタの存在を見れなかったことに無力感を感じます。

家に戻ったパズーでしたが、そこで飛行石を狙っている海賊ドーラ一家に捕まります。

その際にドーラからシータはパズーの身の安全を第一にして健気に逃がしたことを諭されます。

それを聞いたパズーはドーラたちが飛行石を奪いに要塞に攻め込むことを聞き、自分も連れて行くように求める。

ドーラはその方がシータが言うことを聞くと考えパズーの同行を許可しました。

その夜、一方のシータは、遠い記憶にあった困った時のおまじないを思い出し口ずさみます。

「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール(ラピュタ語:我を助けよ、光よよみがえれ)」

シータは何も知らなかったが、飛行石はこれまでにはない不可思議な青い発光させます。

彼女が口にした“おまじない”とは、ラピュタの封印を解く呪文だったのです。

すると、その呪文により壊れていたはずの謎のロボット兵は目覚めて凶暴に暴れ出し、飛行石は空に一筋の閃光を放ちラピュタの位置を示します。

そして狂ったよう破壊を続けるロボット兵によって次々に混乱する要塞から、なんとか海賊ドーラとパズーは協力してシータを救い出します。

ドーラの息子たち海賊も煙幕で巨大飛行船ゴリアテを煙に巻き、特殊機関からドーラ一家とパズーはシータ脱出に成功します。

しかし飛行石はムスカの手に渡り、彼は特殊機関の巨大飛行船ゴリアテに乗り、ラピュタを目指して出発します。

一方のパズーとシータは海賊として働かせてもらうことを条件に、ドーラの飛行船に同乗させてもらい、ラピュタへと向かいます…。

(引用:https://cinemarche.net/anime/rapyuta/#2)

どうやってシータはパズーに滅びの呪文「バルス」を伝えた?

ラピュタ王国を滅ぼす呪文「バルス」。

そんな呪文をどうやってシータはパズーに伝えたのか、謎に思う方は多いです。

飛行石を持った状態でその呪文を教えようものなら、誤作動を起こしかねません。

それに、伝えるタイミングといえば2人が飛行石を握る寸前の「3分間」の間。

その際にパズーはシータに対して「滅びの呪文を教えて欲しい」と頼んでいます。
まだ知らないわけなので、このタイミングでしか呪文を伝えることができません。

その条件下でどうやってパズーに「バルス」を教えたのか。

こちらで調べてみたところ、いくつか考察がありました。

考察1:シータが教える時点で飛行石を手にしていなかったから

不思議な力を持つ飛行石は、それを手にした状態で呪文を発すると作動します。

パズーに呪文を教えた時点では、シータは飛行石を持っていなかったため、言葉として発しても作動しなかったという説があります。

これ以前にも、シータは呪文を発していました。

そう、困った時のおまじないとして唱えた「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール(ラピュタ語:我を助けよ、光よよみがえれ)」ですね。

シータはその時は呪文として認識しておらず、困った時のおまじないとして認識していました。

呪文として意識せずに唱えた上、飛行石も持った状態で作動していましたから、この説は濃厚ではないでしょうか。

考察2:気持ちを込めなかったから

発動させようという気持ちがなければ、手にした状態であっても発動しない説ですね。

シータに祖母が呪文を教えた時、作動しなかったのが不思議だと一部の声として上がっています。

不思議な力を持つ飛行石ですから、持つ者の感情を読み取る力があっても不思議ではありません。

ファンタジーとして見ても、この考察も濃厚と言えるでしょう。

考察3:安全機構が施されていたから

こちらは技術的な面での考察。

ラピュタ王国を一瞬にて滅ぼす呪文はたったの3文字。

安全面を考慮すると、単純に言葉として発するだけで作動となるととても危険極まりないです。

しかし、王国はそれを考慮していないとはまず言えないですよね。
何らかの安全対策が施されているはずです。

その点で、何かしらの技術が組み込まれているんだとか。

一定以上の声量で呪文を唱える必要がある、もしくは嘘発見器と同様に飛行石を持つ者の心拍数や発汗状態もあわせ判断材料とし、飛行石が間違いないと判断したときのみ発動する。

こうして書いてみるとかなりハイテクなイメージを持ちますが、こういった安全対策が取られてもおかしくはないでしょう。

考察4:シータが手のひらに文字を書いてそれで教えた

こちらはごくごく一部ではありますが、こんな考察もあります。

言葉として発してしまうと発動してしまうため、それを防ぐためにシータは飛行石を持っていない方の手で文字として教えた。

しかしながら、そのような描写は劇中では確認することができません。

ラストシーン(パズーがシータと再会するシーン)の前、シータはムスカ大佐から逃げていますよね?

その最中に手のひらに文字を書けるとは考えにくいですし、かといってムスカ大佐から与えられた「3分間」の間に書いたとも思えません。

可能性はないとは言えないものの、この考察の可能性は低いのではないでしょうか。

まとめ

映画「天空の城ラピュタ」にて、どうやってパズーが滅びの呪文「バルス」を知ったのか考察をまとめてみました。

こうしてあげてみると、どれも面白くて興味深いものがありますね!

こちらの理由については、公式にはコメント等はされていません。

観る者それぞれが、いろんな解釈をしていいということかもしれませんね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。