ニュース

【新型肺炎】感染した男性はどこの県にいる?病院は?予防方法も確認!

中国の武漢市で発症が相次いでいる新型のウイルス性肺炎。

その肺炎が2020年1月16日に日本でも上陸したことが判明し、ネットでも心配の声が上がっています。

感染した方はどこの県にいらっしゃるのでしょうか?
また、入院した病院についても気になるところです。

そこで今回は、新型肺炎に感染した男性がどこの県にいるのか、どの病院に入院したのか、そして新型肺炎の予防方法についてもご紹介していこうと思います。

新型肺炎が日本にも上陸!

厚生労働省が中国武漢市で相次いでいる新型肺炎が、日本にも上陸したと発表したのが2020年1月16日。

患者は30代男性。
こちらの男性は、武漢市への渡航歴があり、1月3日から発熱症状があったと言います。

9日には39度の高熱となり、肺炎に悪化の兆しがあったことから10日から入院。
現在は症状は回復し、自宅で療養しているとのことです。

中国では亡くなられている方もいるので、こちらの男性が重症にならずに一安心といったところでしょうか。

現在も厚生労働省は、男性の武漢市での立ち寄り先や帰国後の行動などを詳細を確認しているとのことです。

また、国内で同居する家族についても濃厚接触者として、観察していることも発表しています。

中国での発生は2019年12月
感染し、重症化している患者の方が多くいらっしゃるということで、かなり深刻な肺炎であることが伺えます。

新型肺炎は武漢市で2019年12月に発生。41人の患者が確認され、61歳の男性1人が死亡、6人が重症という。家族内での感染例もあるとされ、人から人へ感染する可能性も指摘されている。

中国当局が12日にウイルスの遺伝子配列情報を公開し、日本の国立感染症研究所も検査態勢を整えていた。

(引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54444940W0A110C2CE0000/)

新型肺炎を発症した30代男性の行動等については、厚生労働省のサイトでも公開されています。

概要
(1)年代: 30代
(2)性別: 男性
(3)居住都道府県: 神奈川県
(4)症状: 1月3日から発熱あり。
1月6日に中華人民共和国湖北省武漢市から帰国。同日、医療機関を受診。
1月10日から入院。
1月15日に症状が軽快し、退院。
(5)滞在国: 中華人民共和国(湖北省武漢市)
(6)滞在国での行動歴: 本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。
中国において、詳細不明の肺炎患者と濃厚接触の可能性がある。

(引用:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08906.html)

新型肺炎の30代男性がいるのはどこの県?

新型肺炎を発症した30代男性はどこにいるのでしょうか?

男性のプライバシーのためでもあるのでしょうが、当時どこの県で発症が確認されたのか発表されていませんでした。

しかし、感染予防の点から、なぜ公表しないのか疑問の声が出ていました。

しかし、のちにこの男性は神奈川県在住であることが発表されました。

患者は神奈川県の30代男性で武漢市への渡航歴があり、15日夜に国立感染症研究所の検査で新型ウイルスの陽性結果が出たという。

(引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54444940W0A110C2CE0000/)

この男性が入院した病院については公表されていませんが、神奈川県内の病院である可能性は高いです。

ちなみに、男性の検体を調べたのは、国立感染症研究所(村山庁舎)というところ。

東京都武蔵村山市学園4丁目にありますが、全国の病院から検体が集まるとのことです。

30代男性と接触した人の感染の可能性はある?

新型肺炎の発症が発表されたのは2020年1月15日。

現在も、それまでに接触した方の感染確認を行なっているようです。

厚生労働省によると、男性の家族や帰国後の接触者の経過観察をしているとのことですが、16日現在同様の症状はでていないということです。

今後、広がらないことを願うばかりですね。

新型肺炎の予防方法は?感染経路は?

新型肺炎の予防方法や感染経路についても知っておきたいところですね。

新型コロナウイルスに感染した多くの患者さんは、中国の武漢市中心部にある「華南海鮮卸売市場」の関係者ということが判明しています。

市場で取引されていた何らか動物の体液や糞に含まれるウイルスを吸い込んで感染した可能性が指摘されていますが、日本で発症した30代男性はその市場には寄っていないということで、確証に至っていないのが現状です。

なので、空気感染なのか飛沫感染なのかどうかは現在不明です。

そして、予防方法についてですが、厚生労働省によると「一般的な感染症の予防対策を」と呼びかけています。

一般的な予防方法は、言い換えると

◆マスクをつける
◆石鹸での手洗い
◆帰宅後うがいを心がける
◆アルコール消毒をする

などがあります。

詳しい感染経路についてはまだわかってはいませんが、感染力は強くはないという見方をしています。(新型肺炎を発症した30代男性は、他の肺炎患者と濃厚な接触があったために感染したのではないかと考えられているため)

そのため、厚生労働省はこのように一般的な感染症に対する予防方法を勧めています。

新型肺炎日本上陸に対するネットの反応

まとめ

日本でも確認された新型肺炎についてご紹介しました。

感染が確認された30代男性は、神奈川県在住であることが判明しています。
入院した病院については明らかにされていませんが、同じく神奈川県内の病院である可能性が高いです。

そして、気になる予防方法や感染経路についてですが、予防方法についてはマスクをつける、石鹸で手を洗うなどの一般的な感染症対策を勧めています。

感染経路については空気感染なのか、飛沫感染なのかは現在明らかにされていません。

あと半年後には東京オリンピックが控えていますので、その点からもこれ以上の感染拡大がないことを祈るばかりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。