気になる人

前澤友作お年玉100万円当選者の使い道は?抽選にも影響してる?

月旅行、女優の剛力彩芽さんとの破局、そしてお年玉100万円企画など、何かと話題に絶えない印象があるZOZOTOWN前社長の前澤友作さん。

2020年の元旦から、2回目となるお年玉企画を発表し、2020年も前澤さんの話題は絶えそうにありませんね!

100万円を無償でプレゼントされるということで、是非とも当てたいところですが、実際に当てた方の使い道は判明しているのでしょうか?

また、噂では使い道も100万円を当てる確率に影響しているとか…。

こちらの噂の真相についても気になるところではありますね。

そこで今回は、100万円を実際に当てた方の使い道と、使い道が抽選に影響しているかどうかをご紹介していこうと思います!

前澤友作お年玉100万円当選者の使い道は?

前澤友作さんのお年玉企画に見事抽選し、100万円を手に入れた方々はどのような物に100万円を使ったのでしょうか?

当然ながら、第2弾となる2020年1月のお年玉企画は、まだ抽選前のため、不明です。

なので今回ご紹介するのは、去年(2019年)のお年玉企画での抽選者の100万円の使い道になります。

2019年は、総額1億円を100人にプレゼントされました。

なので、100通りの使い道があるわけですが、全て紹介するには骨の折れる作業になります笑

なので、ネットで見かけた抽選者の中から、一部抜粋してご紹介していこうと思います。

和田千裕/表コミ教育さん

こちらの方は、シェアアトリエを開きたいという大きな夢を持ち、当選を果たした方です。

その夢は本気で、DMでその夢について前澤さんに送ったということです。

その夢に対する熱意は、ツイッターにも表れていました。

熱意が前澤さんに伝わったのか、見事抽選!
現在もシェアアトリエは制作中とのことで、良い物件がないか探し回っているようですね。

良い物件が見つかるといいですね!

Codama Lisaさん

こちらの方の使い道は、「砂場の良さを伝える研究」だそうですね。

おまけに前澤さんから「僕も久しぶりに砂場で遊びたいなー」と返事がきたのだとか。

夢の実現にまた近づいたということで、本当におめでたいですね!

寺田家ユースケさん

こちらの方はYouTubeにて、実際に当選したら障がい者の方々に洋服100万円分をプレゼントすると宣言していました。

その思いが前澤さんにも届き、見事当選。
動画も観てくれたようで、「最高じゃないですか!」と共感を持ってくれたみたいですね!

一緒に表参道を歩いてくれる方を動画で募集するなど、企画実現のために動いていましたが、いざ100万円を手に入れると障がい者にとってどんな使い方がベストなのか迷ってしまったみたいですね。

最終的な使い道は、AbemaTVの「株式会社ニシノコンサル」にゲスト出演した際、MCの西野亮廣さんのアドバイスもあり、無事決定しました。

50万円をツイッターからの応募があった車椅子の男の子9人を含め、総勢35名でキャンプを行うための費用に当てたようですね!

使い道は当初とは大きく変化しましたが、それでも大きな夢の実現ができたので、本当によかったですね!

鈴木恵理さん

こちらの方の使い道は、「広島の復興支援にあてたい」というとても素敵なもの。

「災害復興支援チーム「Ikimasu.広島!」に全額寄付をする」と前澤さんのツイートに宣言していました。

前澤さんも「広島復興、素敵です!」と応援。
見事当選を果たしました!

全額寄付はなかなか真似できませんよね!

この行動力には頭が上がりません。
夢の実現、おめでとうございます!

ダンプさん

こちらの方の使い道は、「自分以外の99人の当選者がどのような使い道をしているのか密着する番組を作りたい」と語っていました。

前澤さんも「99人のドキュメンタリーを作るのは面白い」と共感してくれ、当選も果たしました。

99人に密着するとなると、かなり骨の折れる作業だとは思いますが、夢の実現のために頑張って欲しいですね!

東堂優さん

日本の民藝を取材して、日英語で発信する旅」を使い道として応募したこちらの方。

乾燥芋は一体どんな風味と食感なのでしょうか?

芋好きな私にとって気になるところではありますね笑

少しでも多くの方に日本の民藝について伝わるよう、頑張って欲しいですね!

前澤友作お年玉100万円抽選は使い道も影響してる?

2019年のお年玉企画に当選された方のうち、数名の方の使い道をご紹介しました。

パッと見て気づいた方は多いのではないでしょうか?

当選された方は、いずれも大きな夢を持っていることがわかりますね!

2019年お年玉企画当選者の共通点

◆何者なのかはっきりと分かるアカウント
◆100万円の使い道をはっきりと明記している人
◆大きな夢を持っている人

他にも、上記のような共通点があります。

そのため、2019年の企画の際には完全にランダムな抽選ではく、意図して選んだのでは?という声がありました。

気になってこちらで調べてみたところ、意図して当選者を選んだと完全には言えないなという印象でした。

当記事では紹介していない当選者の中には、ごく一般の方ももちろんいらっしゃいます。

その方達の使い道は明記していなかったり、反対に高級焼肉のご馳走に行ったりと様々でした。

なので、2019年は上記のような関連性は薄いと見ていいでしょう!

では、2020年はどうでしょうか?

2020年に関しては、前澤さん本人から発表があり、完全にランダムの抽選であると強調しています。

前澤氏は「完全なる抽選ですので、当選者は無作為に選ばれます。アピールの有無や内容は抽選に全く関係ありません。念のため」と強調。

(引用:https://encount.press/archives/16785/)

この企画に応募する方は様々で、中には使い道に関するアピールが苦手な方もいらっしゃいます。

そういった方の当選の不利にならないよう、上記の引用のように強調したと思われます。

アピールが苦手な方にとって何より嬉しい情報ですね!

なので、2020年は完全にランダムな抽選だと見て良いでしょう。

まとめ

2019年のお年玉企画の当選者の100万円の使い道についてご紹介しました。

シェアアトリエを作ったり大勢でのキャンプのための費用、そして全額寄付など、とても大きな夢に100万円を使っていました。

そのため、100万円を当てるには大きな夢を明記する必要があると囁かれていましたが、2020年は完全にランダムな抽選であることを前澤さん本人も強調しています。

2020年のお年玉企画の当選者は1000人と前回(2019年)の10倍。

とてつもない作業を要しているとは思いますが、応募者の夢の実現のために頑張って欲しいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。