映画

コンフィデンスマンJPプリンセス編の公開はどうなる?東出昌大不倫で延期や中止の可能性は?

2020年1月22日、週刊文春の報道により、俳優の東出昌大さんと女優の杏さんの別居が明らかになりました。

別居の原因は東出さんの不倫。
女優の唐田えりかさんと2017年ごろから不倫関係にあったそうです。

東出さんは、2020年5月に公開が予定されている映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」に出演されており、公開に影響は出るのでしょうか?

ファンにとっては尚更気になるところではありますね。

そこで今回は、東出昌大さんの不倫報道による「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の公開に影響は出るのかを調査してみました。

東出昌大不倫でケイジとケンジはどうなる?降板と打ち切りの可能性は?2020年1月22日に、女優の唐田えりかさんとの不倫が報じられ、多くの批判が集まっている俳優の東出昌大さん。 その影響は膨大で、東...

東出昌大が唐田えりかと不倫!経緯まとめ

不倫報道で大きな注目を集めている東出昌大さんと唐田えりかさん。

東出さんと唐田さんは2018年公開の映画「寝ても覚めても」で共演を果たしています。

「寝ても覚めても」の撮影が行われたのは2017年。
少なくとも3年近く東出さんは唐田さんと不倫関係にあった模様です。

唐田さんのインスタの投稿でも、過去に東出さんとの不倫を匂わせるものが複数ありました。(投稿は2017年ごろ)

現在は削除されており、見ることはできませんが、インスタのコメントの封鎖、過去に「好きな人しかフィルムカメラで撮らない」と言った意味深な言動を表したことから、こちらでも注目を集めています。

唐田えりかが東出昌大と不倫をインスタで匂わせ?意味深だと話題に!【文春】2020年1月22日、週刊文春が俳優の東出昌大さんと女優でモデルの杏さんの別居が報道され、大きな話題になっています。 別居の大きな...

東出さんと唐田さん双方の事務所はこの不倫報道を認め、謝罪文を公開しています。

 「週刊文春デジタル」に不倫が報じられた俳優の東出昌大(31)の交際相手とされた女優・唐田えりか(22)の所属事務所が22日深夜、ファクスでコメントを発表した。

同事務所は「今回の報道を受け、本人は軽率な行動を深く反省しております」と説明。「自身の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたいと思っています」とつづった。

「事務所と致しましては、2度とこのようなことがないよう、皆様の信用取り戻せるよう、厳しく指導して参ります」と猛省を促す方針。「今後ともご指導ご鞭撻(べんたつ)のほど、よろしくお願い致します。誠に申し訳ございませんでした」とした。

(引用:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12265-537600/)

 

東出の事務所は書面で、「今回の記事に関して本人に確認いたしましたところ書かれている事柄はほぼ事実と判明しました」と報道を認めた。 その原因については、「これらのことは東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。どのように非難されても弁解の余地はありません」と東出に非があったことを認めた。

東出の現状については、「現在、本人はこのような事態になったことに対して責任の重さ、失ったものの大きさを実感しひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります」と説明。「しかしながら失われた信頼を回復するには気の遠くなるような時間と努力が必要だと思います」とした。

別居については、「離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております」。今後について、「厳しい道とは思いますが、東出が夫として、父としてもう一度家族を再生するために自らの生き方、姿勢を含めてその証を示してゆくしかないと思います。弊社としてはその道程を厳しく見守ってゆく所存です。どうかご理解を賜りますようお願い申し上げます」と見解を示した。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00010044-chuspo-ent)

東出昌大不倫でコンフィデンスマンJPプリンセス編の公開はどうなる?

不倫報道で多くの批判が集中している東出昌大さん。

そんな東出さんが出演する映画に関して、公開はどうなるのか気になる方は多いようです。

ドラマ版のコンフィデンスマンJPも人気でしたし、今回の不倫が影響して劇場公開が中止になったり延期になったりするとファンの方は大きなショックを受けますよね!

2020年5月1日に公開ということで、撮影自体はすでに終了していると思われます。

今のところ、公式で中止や延期の情報は発表されていませんが、今後も中止や延期になる可能性は低いと言えるでしょう。

東出さん演じる「ぼくちゃん」は、劇中大きな役割を担っています。

もし東出さんの出演部分を取り直す場合、膨大な時間と費用がかかると予想されます。

そして、「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の公開が中止になるor延期になる場合、炎上する可能性だってあります。

確かに不倫をしてしまった東出さんは悪いのですが、作品には罪はありません。

多少見方は変わってしまうとは思いますが、そういった事態を避けるために、予定通り公開するでしょう。

不倫報道で公開が中止or延期になった事例は?

先ほど、「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の公開が中止になったり延期になったりする可能性は低いと紹介しましたが、かといって可能性がゼロではありません。

というのも、公開予定の映画が延期になったり中止になったりする理由として「本人の申し出」「スポンサーから降ろされる」の2パターンが存在するからです。

不倫が原因で降板した事例も存在します。

2017年W不倫を報じられた斉藤由貴さんは、出演予定だった「パディントン2」の降板を自ら申し出たことで出演を辞退しました。
(とはいえ、公開そのものは予定通りでしたが…)

そして、「スポンサーから降ろされる」理由としては、視聴者から問い合わせや批判が多く殺到した場合です。

「不倫した人の顔を見たくない!」
「不倫された相手がかわいそう」
「不倫した人が出ていて不快」

主にこういった声が殺到した場合、止むを得ずスポンサーから降ろされることになります。

とはいえ、ネットでの声を見る限り、「東出昌大が出ているからコンフィデンスマンJPは観たくない」といった趣旨の声は全くと言っていいほど見かけなかったので、この理由で「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の公開が延期になったり中止になったりする可能性は低いでしょう。

東出さん自ら降板を申し出ない限り、「コンフィデンスマンJPプリンセス編」も予定通り公開されるはずです。

まとめ

不倫報道により、大きな注目が集まっている東出昌大さんが出演する映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の公開の影響についてご紹介しました。

現在、公式からの発表はありませんが、撮影がすでに終了していること、もし東出さんの出演部分を取り直す場合に膨大な時間と費用を要することから公開の延期や中止の可能性は低いと言えます。(東出さん自ら降板を申し出ない限りですが)

しかし、これから「コンフィデンスマンJP」が続く場合、東出さんが続投するのは難しくなりそうですね。

代役を立てるか、もしくは続編の予定はなくなるかも知れません。

東出さんと唐田さんには杏さんのためにもしっかりと反省してもらいたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。