アイドル

豆柴の大群のメンバーの人気順ランキング&ネットの声まとめ!メンバーの格差がヤバイ?

バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」の企画からデビューして以降、人気が急上昇しているアイドルグループ「豆柴の大群」。

メンバー全員が人気があるのは確かのようですが、それでも格差がヤバイという噂が…。

果たしてその噂は本当なのでしょうか?

そこで今回は、メンバー格差の噂の真相と共に、人気順ランキング&ネットの声をまとめてみました!

豆柴の大群のメンバーの格差がヤバイ?

バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」のクロちゃん(のちにプロデューサーから解任)の企画によって生まれた豆柴の大群。

企画当時、「MONSTER IDOL(モンスターアイドル)」としてメンバー候補が決められ、最終的に5人のメンバーが「豆柴の大群」に決まりました。(うち一人はWACK代表の渡辺さんの意向により、2019年12月25日に加入が決定)

デビューシングル「りスタート」はオリコンランキングで1位を獲得。

まさに人気絶頂な豆柴の大群ですが、一部では早速格差が生まれているのでは?という声があります。

大して見てないけどアイカとナオ以外空気すぎるやろ

アイカ一番可愛い

ナオって顔が骸骨みたいで怖いわ

とりあえず真ん中選ぶ奴はおらんよな
どういうつもりやねん

なぜそういった噂が生まれたのでしょうか?

どうやらメンバーのツイッターのフォロワー数によってこの噂が生まれたみたいですね。

5人のメンバーの2月現在のフォロワー数は以下の通りです。

◆アイカ・ザ・スパイ:203,846フォロワー

◆ナオ・オブ・ナオ:175,837フォロワー

◆ハナエモンスター:151,081フォロワー

◆ミユキエンジェル:151,305フォロワー

◆カエデフェニックス:230,159フォロワー

結果、カエデフェニックスが一番フォロワーが多い結果になりました。

個人的に、そこまで格差がないと感じたのですが、皆さんはどう思いますか?

メンバーそれぞれツイッターのアカウントを開設した時期はバラバラですし、このフォロワーの数だけで格差の把握をするのは難しいと感じてしまいますが…。

いずれにせよ、メンバー全員が魅力的で可愛いのは変わりないので、この調子で頑張って欲しいですね!

豆柴の大群人気順ランキング&ネットの声まとめ!

そして気になる豆柴の大群の人気順ランキング。

フォロワー数だけ見ると、カエデフェニックスが一番人気があるように見えますが、ネットの声を含めるとどうでしょうか?

1位:カエデフェニックス 230,159フォロワー
2位:アイカ・ザ・スパイ 203,846フォロワー
3位:ナオ・オブ・ナオ 175,837フォロワー
4位:ミユキエンジェル 151,305フォロワー
5位:ハナエモンスター 151,081フォロワー

一番フォロワー数の多いカエデフェニックスは、一度メンバーから落選しており、落選理由がクロちゃんの私情

この落選理由はひどいと判断した渡辺さんにより、2019年12月25日に豆柴の大群に加入しました。

そんなカエデフェニックスは、メンバーの中でツイッターのアカウントを開設したのが一番最近なのです!(2019年12月)

にも関わらず、メンバーの中で一番のフォロワー数を誇っています。

カエデフェニックスの可愛さだけでなく、のちに加入したことで視聴者の関心を集めたことが人気の要因なのかもしれません。

ファロワー数増加の伸び代から、豆柴の大群で一番人気のメンバーと言ってもいいのではないでしょうか?

そして、2番目に人気とされているアイカ・ザ・スパイ。

アイカ・ザ・スパイももちろん可愛いとネットの声はありますが、ユニークさも人気の要因だと考えられます。

アイカ・ザ・スパイは、オーディション期間内でスパイ活動をしていた際、クロちゃんの息に対して「少し臭いです。」と発言したことがあります。

この発言は、ネットでも大きな話題になり、一時トレンド入りしたほど。

番組内で垣間見れた天然さも、人気の一つと言ってもいいかもしれません。

以下に、メンバーそれぞれのネットでの声をまとめてみようと思います!

5位:ハナエモンスター

4位:ミユキエンジェル

3位:ナオ・オブ・ナオ

2位:アイカ・ザ・スパイ

1位:カエデフェニックス

まとめ

豆柴の大群の格差の噂と人気順ランキング、ネットでの声をまとめてみました。

格差の噂についてですが、フォロワー数に違いはあったものの、ネットでの声も含めるとそう言った印象は薄いように思えます。

ネットでもどのメンバーに対しても「可愛い」と言った声が多く、どのメンバーも人気であることがわかりました。

これからどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

今からとても楽しみですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。