ニュース

新型コロナウイルス国内初の死者80代女性の入院先の病院はどこ?神奈川県で特定?

2020年2月13日、日本国内で初となる新型コロナウイルスによる死亡者がでたことで、ニュースにも大きく取り上げられ大きな話題になっています。

報道によると、亡くなられた方は80代女性とのこと。

さらに、東京で感染が確認されたタクシードライバーの義理の母であることも判明しています。

今回は、亡くなられた80代女性の詳細と、女性の入院先の病院についてまとめてみました。

新型コロナウイルス感染者のタクシー運転手の入院先の病院はどこ?会社の名前も特定されてる?2020年2月13日、東京都内のタクシー運転手の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが判明しました。 さらに14日にはそのタ...

80代女性が新型コロナウイルス国内初の死者に

日本でも猛威を振るっている新型コロナウイルス。

その新型コロナウイルスにより肺炎を発症し、80代女性が死亡していたことが明らかになりました。

亡くなられた80代の女性は神奈川県在住とのことで、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは女性の死亡後ということです。

つまり、明確に診断されていなかったということになります。

これまで政府は、感染者の行動履歴等を公開しており、これによってある程度の感染者の把握や危機管理ができていましたが、今回80代の女性に関しては全くと言っていいほど行動履歴を把握できていないということ。

今回の件で、これまで以上に危機的な状況であることが浮き彫りになってきました。

80代女性の入院先の病院はどこ?

日本国内で初となる新型コロナウイルスによる死亡者が出たことで、日本中を震撼させている新型肺炎。

ネットでは、「亡くなられた80代女性の入院先はどこ?」と話題になっています。

80代女性は神奈川県の病院を受診したのは確かなようですが、どこの病院なのでしょうか?

新型コロナウイルスなどの感染症に感染した場合、感染症指定医療機関を受診することになっています。

神奈川県の場合、横浜市立市民病院が第一感染症指定医療機関として指定されています。

しかし、報道によると亡くなられた80代女性は、新型コロナウイルスと診断されておらず、近所の医療機関を受診していたそうです。

80代女性の症状歴

◆1月22日:倦怠感が続き、医療機関を受診
◆2月1日:肺炎と診断され、入院
◆2月6日:呼吸状態が悪化したため転院
◆2月12日:新型コロナウイルス感染が検査により発覚
◆2月13日:死亡

また、女性は入院していますが、最初の症状が出てから入院するまで10日間経過していたことが発覚しています。

これにより、10日間の間に家族など周りの人間への感染の可能性があることがわかりました。

そして、女性は2月6日に症状の悪化が理由で転院しており、少なくとも2つの病院にかかっていたことになります。

神奈川県の何市なのか、現時点では公式に発表されておらず、不明ですが噂によると「相模原市でないか」という噂があります。

しかし、あくまで噂なので別の市である可能性もあります。

多くの感染危機がある中で、政府はなぜ市を公表しないのでしょうか?

混乱を避けるためかもしれませんが、一人一人の危機管理のために神奈川県の何市なのか、そしてどこの病院なのか公表すべきだと思うのですが…。

80代女性とタクシードライバーの接点は?

新型コロナウイルスにより国内初の死亡者が確認されましたが、亡くなられた80代女性は、東京都で感染が確認されたタクシードライバーの義理の母であることが判明しました。

報道では、お二人の接触状況は現時点では不明とのことです。

しかし、お二人とも渡航歴がないことから国内で感染した可能性が高く、「ヒトからヒトへ感染しているのでは?」という声が多く見受けられました。

新型コロナウイルス感染者のタクシー運転手の入院先の病院はどこ?会社の名前も特定されてる?2020年2月13日、東京都内のタクシー運転手の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが判明しました。 さらに14日にはそのタ...

そのほかのネットの反応

まとめ

新型コロナウイルスによる初の国内での死亡者が出たことにより、大きな話題になっています。

亡くなられた80代女性が入院していた病院は、神奈川県のどこなのかは公表されておらず、ネットでは相模原市ではないかと言われています。

しかし、公式に発表が出た訳ではないので、噂程度に押さえておくのがいいと思います。

また、東京都で感染が確認されたタクシードライバーの義理の母であることも判明しており、お二人の接触状況はわかりませんが、渡航歴がないということで国内でヒトからヒトへ感染している可能性が高くなりました。

亡くなられた女性のご冥福を祈ると共に、一刻も早い事態の収拾を願うばかりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。