ニュース

新型コロナウイルス沖縄のタクシー運転手の入院先の病院はどこ?感染経路は?会社も特定されてる?

2020年2月14日、沖縄県で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認され、大きな話題になっています。

感染経路や、タクシー運転手の女性が勤務する会社が特定されているのか気になるところです。

そこで今回は、新型コロナウイルスの感染が確認された沖縄県のタクシー運転手の入院先の病院と感染経路、そしてタクシー運転手が務めるタクシー会社が特定されているのかを調べてみました。

沖縄県のタクシー運転手の新型コロナウイルスの感染を確認!経緯まとめ

沖縄県のタクシー運転手の女性の新型コロナウイルスの感染が確認されたのは2020年2月14日。

2月5日、咳の症状が表れ、関節痛などの症状も発症したため医療機関を受診したところ、肺炎の症状も発覚。

県が調べた結果、新型コロナウイルスの感染が確認されたようです。

こちらのタクシー運転手の女性は、1日にダイアモンド・プリンセス号に乗ってきた中国人観光客4名を乗せて本島南部の観光施設まで案内したそうです。

1日に感染した場合、11日まで業務を続けていた場合、およそ11日間拡散を続けていたことになります。

さらにタクシー運転手は、休みを挟みながら出勤し、50人近くの方をタクシーに乗せていたということです。

これにより、沖縄県でさらなる感染拡大が懸念されています。

感染が確認されたタクシー運転手の女性は、13日夕方に入院。
幸いにも重症には至らず、容体は安定しているとのことです。

病院でしっかりと治療を受け、快方に向かうことを願うばかりですね。

新型コロナウイルス沖縄のタクシー運転手の入院先の病院はどこ?

新型コロナウイルスの感染が確認された沖縄県のタクシー運転手は、どこの病院に入院しているのでしょうか?

わざわざ沖縄県から離れた他県を受診するとは考えにくいので、沖縄県内の病院に入院していることは確かでしょう。

新型コロナウイルスをはじめとする感染症に感染した場合、厚生労働省が定めた「感染症指定医療機関」に受診入院する必要があります。

沖縄県の感染症指定医療機関は以下の通りです。

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

琉球大学医学部附属病院

上記であげたのは第一種感染症医療機関

第二種感染症医療機関を含めた場合、複数に渡るのですが、中には宮古島など沖縄県の中心地である那覇市からかなり離れた病院もあります。

タクシー運転手の女性は、那覇港にてダイアモンド・プリンセス号に乗船していた中国人観光客4人を乗せたということで、仮に女性が那覇市周辺に住んでいた場合、上記に挙げた医療機関のどちらかに入院している可能性は高いです。

新型コロナウイルス沖縄のタクシー運転手の会社は特定されてる?

新型コロナウイルスに感染した沖縄県のタクシー運転手が勤務する会社は特定されているのでしょうか?

現段階での報道では、会社名は公表されていません

沖縄県だけでも、数多くのタクシー会社が存在しているため、特定は難しいでしょう。

今後、新型コロナウイルスに感染したタクシー運転手が勤務する会社が明かされる可能性は低いと言っていいですが、今回の件を受けて会社側はコメントを発表しています。

運転手が勤めるタクシー会社によると、この運転手は1日、那覇市若狭の那覇クルーズターミナルで「プリンセス」を下船した観光客4人を乗せ、本島南部の観光施設まで案内した。その後、運転手は8日まで休日をはさみながら出勤し、12日に体調不良を訴え病院を受診した。

「泣きたい気持ちだ」
同社は1日までに、感染を警戒し乗務員にマスク着用を義務付けていた。アルコール消毒や手洗いうがいの徹底といった対策をしており、当該運転手もマスクを着用していたとみられる。

1日には同社の別の1台も同ターミナルで乗客を乗せたが、現在までに体調不良を訴えている乗務員はいないという。

同社の営業部長は「いつ発生してもおかしくないと思っていたが、運転手から一報を受けた時は泣きたい気持ちだった。乗務員も多いのでいつごろまで影響が出るのか心配だ」と話した。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00010000-okinawat-oki)

会社側は、引用のように

◆感染を警戒し乗務員にマスク着用を義務化

◆アルコール消毒や手洗いうがいの徹底

◆感染が確認されたタクシー運転手もマスクを着用

と言った対策を取っていたことから、新型コロナウイルスの感染力の大きさを物語っています。

さらに、別のタクシーも同ターミナルで乗客を乗せたということで、現時点では体調不良を訴える従業員の方はいない模様です。

クルーズ船に乗船していた方を乗せたタクシーはこれだけではないと思うので、沖縄県でさらなる感染が広がっている可能性は非常に高いです。

今回感染が確認されたタクシー運転手の女性も心配ですが、感染が懸念されている別のタクシー運転手も心配になります。

そのほかのネットの反応

まとめ

沖縄県のタクシー運転手の女性が新型コロナウイルスに感染していたことがわかり、大きな話題になっています。

1日にダイアモンド・プリンセス号に乗ってきた中国人観光客4名を乗せて本島南部の観光施設まで案内したということから、1日に感染した可能性が高いです。

そして、入院している病院は

◆沖縄県立南部医療センター・こども医療センター
◆琉球大学医学部附属病院

のいずれかである可能性も高いです。

幸いにも容体は安定しているとのことですが、こちらの女性を含め、他の方への感染がないか、とても心配になります。

女性の一刻も早い回復を願うばかりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。