生活

納豆が売り切れになってる理由はなぜ?新型コロナウイルス予防効果の真相は?

相変わらず収まるどころを知らない新型コロナウイルスの感染拡大問題。

マスクが品薄になったり多くのイベントが延期中止になったりと、世界中で大きな影響を与えていますが、ここにきて納豆の品切れが相次いでいるのだそう。

なぜ納豆の品切れが相次いでいるのでしょうか?

今回は、納豆が売り切れになっている理由と新型コロナウイルスの予防になるという噂の真相を調査してみました。

納豆の売り切れが続出!現在の状況まとめ

マスクや消毒液など感染予防のための物の品切れが相次いでいるのは、ほとんどの方が知っているとは思いますが、報道によるとここにきて食料品も品薄になっているとのことです。

ネットでは、納豆や米だけでなくカップ麺やうどんなどの麺類や、レトルト食品まで品薄になっているとのことです。

この品切れの要因は、政府から出された一斉休校が影響しているようです。

学校が休みになることで、子供達の昼食のために主に子供が大好きな食料が爆発的に売れているとのことです。

納豆が売り切れになってる理由は?

納豆だけでなく、多くの食料が品切れになっていますが、主な理由は上記で述べた通りです。

しかし、納豆に関しては別の理由があるようです。

どうやら、「納豆が新型コロナウイルスの予防に効果がある」という噂により、納豆も爆発的に売れ、品切れが相次いでいるのだそうです。

また、「茨城県で新型コロナウイルスの感染者が出ていないのは納豆食べてるから」という噂まで立っているそうです。

確かに納豆は健康のための嬉しい効果はたくさんありますが…。

この噂の真相が気になるところですね。

そして、同じ乳製品ということで、ヨーグルトも徐々に品薄の傾向にあるようです。

納豆の新型コロナウイルス予防効果の真相は?

納豆は本当に新型コロナウイルス感染予防の効果があるのでしょうか?

改めて調べてみたところ、「納豆に新型コロナウイルス感染予防の効果はない」ということでした。

つまり、上記の噂はデマであるということですが、ネットでもそれを強調する声で溢れています。

まだ専門家等からの明確な意見はありませんが、おそらく納豆が新型コロナウイルスに効くということに対してははっきりと肯定はしないのではないでしょうか?

納豆の品切れはいつまで?

いつも食べていた方にとって納豆の品切れはとても困りますよね。

とても深刻な問題ではありますが、納豆の品切れはいつまで続くのでしょうか?

この納豆の品切れですが、実は一部の地域で起きているのだそう。

他の地域では、納豆が普通に買えたとの声がありました。

この状況から、「本当に納豆が品切れになっているのか」という疑問を持つ方も少なくありません。

もしかすると、この噂が徐々に拡散され、買えなくなる店舗が拡大するという可能性も否めませんが…。

納豆の製造元も普通に生産されているとのことなので、騒ぎが収まればいつも通り店頭に並ぶはずです。

まとめ

納豆の品切れが、各地で相次いでいます。

この品切れの要因は、一斉休校だけでなく「納豆が新型コロナウイルスの感染予防に効果がある」「茨城県で新型コロナウイルスの感染者が出ていないのは納豆のおかげ」という噂があるため。

しかし、納豆が新型コロナウイルスに効果があるという事実はなく、ネットでもそれを強調する声で溢れています。

確かに納豆は健康にいい食品ですが、完全に病気を予防できるものではありません。

そして、納豆の消費期限は決して長いものではありませんから、食べ切れる量にまで抑えて無駄をしないようにしましょう。

経済にまで影響を及ぼしている新型コロナウイルス。

一刻も早い事態の収集を願うばかりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。