生活

福岡県の外出自粛期間はいつからいつまで?散歩やランニング等は大丈夫?

新型コロナウイルスの感染拡大がさらに深刻な状況になってきていますね。

これにより、政府はさらなる感染拡大の防止のため、外出自粛の要請が発表されていることで、ネットでも大きな話題になっています。

外出自粛は東京都だけでなく、福岡県でも同じ状況です。

今後自粛がいつまで続くのかとても気になるところですよね。

今回は、福岡県での外出自粛はいつからいつまでなのか、外出自粛の範囲についてまとめていこうと思います。

福岡県で外出自粛の要請を発表


東京都では新型コロナウイルスの感染が拡大している中、感染拡大を最小限にとどめるために小池都知事が都民に対して外出自粛要請を呼びかけています。

また、福岡県でも小川知事が2020年3月28日に記者会見を実施し、不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。

福岡県内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、小川知事は28日夜、臨時の記者会見を開き、「今週に入って、1日あたりの件数が日々記録を更新している。全県域で確認が広がってきている」としたうえで、「この週末は人混みを避けるなど、不要不急の外出を避けるようお願いしたい」と述べ、28日夜から29日にかけて不要不急の外出を自粛するよう呼びかけました。

(引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200328/k10012355681000.html)

外出自粛要請とは不要不急の外出を控えることと平日はできるだけ自宅で仕事を行ってもらい(テレワーク)夜間の外出は控えることです。

不要不急の意味はその日によって変わってくるようで一般的に的には下記の事を指しています。

◆特に用事がないのに外を出歩く
◆密閉された場所に出向く
◆人と接触するような行動
◆大人数で集まったりする

逆に人々が生活する上で必要不可欠な行動は以下に当てはまります。

◆スーパーや薬局等で食品や日用品、薬などを購入すること
◆病院への通院
◆仕事のため公共交通機関を使うこと

何度もニュースなどで報じられていますが、三密といわれているところへの外出は特に感染のリスクは高いとされています。

◆換気が悪いところ
◆人が密に集まって過ごすような空間
◆不特定多数の人が接触するおそれが高い場所

福岡県の外出自粛の期間はいつからいつまで?

2020年3月28日に福岡県でも外出自粛の要請が出ましたが、いつからいつまでなのでしょうか?

こちらについては政府からも発表があり、28日夜から29日にかけて外出を自粛するよう呼びかけています。

ただ、この対応にはネットでも疑問の声が寄せられており、「対応が遅い」「朝から自粛要請を出して欲しかった」と言った声で溢れています。

福岡県が出した外出自粛は僅か2日間。

外出自粛の期間が短く感じるのは筆者だけでしょうか?

外出自粛により感染拡大を最小限に抑えたいのであればもう少し期間を長くすべきだとは思いますが…。

皆さんはどう感じますか?

福岡県外出自粛期間散歩やランニング等は大丈夫?

外出自粛の期間の間、どの程度なら外出していいのか気になる方は多いのではないでしょうか?

基本的には東京都の外出自粛要請と条件は変わらないと思います。

なのでどうしても今日必要な食料品や生活品を買いに行ったり、病院に通うなどは基本的にOKだと思います。

それでは、散歩やランニング等は大丈夫なのでしょうか?

健康面を配慮し、それらを日課にしている方なら尚更気になりますよね。

こちらも公園の利用などを制限はしていませんが、やはり気をつけなければいけないのが人が密集したところですね。

極力そう言った場所を避け、散歩やランニング等をすれば大丈夫ではないかと思います。

そして、公園で気を付けてほしいのが手すりやベンチ、児童遊園(ブランコや鉄棒)に触った場合は必ずしっかりとアルコールで消毒したり手を洗うことです。

人が密集した場所をさけ、帰宅後すぐに手洗いうがいを徹底すれば感染のリスクは最小限に抑えることができるはずです。

まとめ

2020年3月28日に福岡県でも外出自粛の要請が発表され、ネットでも話題になっています。

外出自粛は買い物や病院への通院を除いた不要不急の外出を対象にしているとのことで、3密の条件が一致する場所も避けるよう要請されています。

散歩やランニングは大丈夫なのか気になる方は多いとは思いますが、公園等の利用は制限しておらず、散歩やランニングはいつも通り可能ですが、上記のように3密の条件が一致する場所は避け、帰宅後は手洗いうがいをして感染のリスクを下げる必要があります。

個人的にもここまで事態が深刻化するとは思いませんでしたが、一刻も早い事態の収集を願うばかりです。

そのためには、一人一人の感染予防への意識を持つことが重要だと言えます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。