芸人

【画像】吉本興業・岡本昭彦社長、宮迫博之、田村亮の処分撤回へ。理由を調査!

2019年7月22日、宮迫博之さん、田村亮さんら所属芸人が反社会的勢力と関係を持っていたことについて、吉本興業の岡本昭彦社長が記者会見を行いました。

先日行われた会見で、宮迫博之さんと田村亮さんが、岡本昭彦社長から「会見を行うなら連帯責任で全員クビにする」といった趣旨のパワハラを受けていたことを告発したばかりでしたが、岡本社長からはどのような説明があったのでしょうか?

また、宮迫博之さん、田村亮さんの処分を撤回することもこの会見で表明しました。
理由やネットでの反応含め、今回まとめていきます。

宮迫博之と田村亮の会見内容

岡本社長の会見をまとめる前に、宮迫さんと亮さんの会見を簡単にまとめてみます。

◆自分自身が弱かったせいで、金銭授受が発生していないと思い込みたい自己保身もあって嘘をついたのは事実。

◆しかし、どんどん問題が大きくなってきてしまい、金銭を受け取ったことを隠しておけなくなった。

◆金額や経緯、事実について会見の場を設けてほしいと会社に直訴したところ、会社側から「静観でいきましょう」と言われた。

◆その後、吉本興業の岡本昭彦社長に、謝罪会見の場を設けてもらうようお願いしたところ、「会見をしたら連帯責任でお前ら全員クビにするからな」と脅された。

◆会見の開催のために弁護士を雇ったところ、会社側から「2人の引退会見か会社との契約解消か、どちらかを選んでください」という書面が届いた。

◆記者会見の開催について会社側から提案を受けたものの、吉本興業が用意した台本通りの会見しか開かせてもらえないことがわかり、2人は自分たちで会見を開くことを決意した。

吉本興業側のこれらの対応に「パワハラだ」と数多くの批判が寄せられました。

この会見後、ダウンタウンの松本人志さんが後輩芸人を守るため、ツイッターを通じて行動に移すことを決意しました。

また、加藤浩次さんも番組「スッキリ!」で吉本興業に対してこう訴えました。

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が22日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見について言及し、会社の経営陣への思いを巡って、先輩である「ダウンタウン」松本人志(55)の発言に異を唱えた。
20日の会見で亮が“ファミリー”への不信感を口にし「(吉本が)僕をファミリーだと思うなら、僕は子供だと思う。子供が本当に悪いと思って謝ろうとしているのを止めるのが親ではないと思う」と“親”への不満を、涙ながらに訴えていた。加藤は、吉本興業の大崎会長が13日にマスコミ各社のインタビューで、所属芸人は「一緒に人生を共にする家族のような存在」と語っていることに触れて「会長もそう言っている。取締役として代表権持っている会長にも責任がある」と会長の責任論に触れた。

また、加藤は前日21日に松本が「ワイドナショー」(フジテレビ)で「(会長の)大崎さんが辞めるんだったら僕も辞める」と話していたことにも言及。「大先輩に対して意見を言うのはおこがましい」と前置きしつつ「(大崎会長は)松本さんとずっとやってきた同志だと思う。その気持ちはすごくわかる。でも松本さん!僕は後輩ながら言わしていただきますけど、会社のトップなんです。みんなつらい思いをしていて、トップが責任取れない会社って機能してるのかなと思うんです」と訴えた。

加藤にとって松本は、相方・山本圭壱が不祥事を起こした際にも尽力してくれた恩人。それだけに「その松本さんに意見するのつらくてしんどい」と心境を打ち明けつつ「(岡本社長は)松本さんのマネジャーではなく、会社のトップ。社員の家族もいる、そして、芸人の家族、生活があるんです。今、吉本が取締役以上、経営側が絶対変わらないとダメ」とし「この状況が変わらないなら退社します。きのうずっと考えていて。意見するような形になって申し訳ないんですけど、そういうつもりでいます」と呼びかけた。

(引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/22/kiji/20190722s00041000153000c.html)

また、ツイッターにも加藤さんの番組内での発言が動画付きで載せられ、大きな反響を得ています。

【経緯説明資料画像あり】吉本興業・岡本昭彦社長の会見内容

会見の冒頭、吉本興業・法務本部長の小林良太弁護士が、今回の経緯を説明されました。

◆6月4日:カラテカ入江さんを解雇

◆6月7日:宮迫博之、田村亮がギャラをもらっていないとする旨のツイートを行う。

◆6月8日:田村亮が宮迫博之に「兄さん、ギャラもらってましたよ」と連絡。吉本にもその旨の連絡あり。吉本興業は、事実が不明確な状況のもと、個人の発信はしないよう要請。

◆6月10日~15日:それぞれの芸人へのヒアリングを行うも、ギャラの金額などが不明確な状態のままだった。

◆6月21日:宮迫博之に謹慎処分を伝える。

◆6月24日:所属芸人11人に謹慎処分を伝える(理由:一定の金銭を受領していたため)田村亮から、引退して一人で会見したい旨の申し出あったものの、話がまとまらず。

◆6月27日:スリムクラブ、2700が反社会的勢力のパーティーに出席していたことから、謹慎処分を通達。

◆6月24~30日:宮迫博之がマネージャーと会見を行うことの検討を開始。

◆7月7日:宮迫博之、田村亮が来社し、宮迫博之に引退の意向があったものの慰留して話はまとまった。会見については、会社に一任してほしい旨を2人へ伝える。

◆7月8日:宮迫博之、田村亮は早期に記者会見をしたい旨の意向と引退の覚悟があるという話を受けた。宮迫博之は引退せず、会社が謝罪会見をする方針を伝えた。

◆7月9日:宮迫博之、田村亮が弁護士参加を要望。

◆7月11日:宮迫博之、田村亮が弁護士らと面談。会見について不満を伝えられたが、会社の考えとしては、会社側に一任してほしい旨の連絡はしていた。

◆7月12日:宮迫博之、田村亮の弁護士から「19日まで会見できなければ、自身で会見を実施する。16日までに回答してほしい」という旨を伝えられる。

◆7月16日:回答を準備していたが、宮迫博之の別のフライデーの記事が出たため、そちらの対応もあり、やはり会見については吉本興業に一任してほしい旨を再度伝えた。

◆7月20日:宮迫博之、田村亮が会見を行う。

そして、今回の会見において経緯説明資料も配られました。

 

【岡本昭彦社長からの話】
◆今回の騒動への謝罪
◆コンプライアンスを徹底
◆タレントファーストの取組みを行う
◆宮迫博之、田村亮処分の撤回

上記ついて社長本人から話はあったものの、ネット上では物議を醸しています。

「会見を開いたら連帯責任で全員クビにする」
といったパワハラ発言についても説明がありました。

それについては「冗談のつもりだった」と発言しており、「笑えない」と更に批判される状態になっています。

宮迫博之、田村亮の処分撤回の理由は?

宮迫博之さんと田村亮さんの処分が取り消しになったのはなぜでしょうか?

岡本昭彦社長は、「宮迫博之さん、田村亮さんにあのような会見をさせたことを申し訳なく思っている」とコメントし、処分撤回の理由は「会社の意思」であること説明。

現時点で、詳しい情報は出ていません。

ただ、ネット上では本当の処分撤回の理由が「自分や会社のためじゃないのか」と批判的に推測されているようです。

吉本興業・岡本昭彦社長の会見に対するネットの反応

今回の社長の記者会見を見たネットの反応は

「意味不明」
「誠意が全然感じない」
「台本通りに進んでるって感じ」
「余計に信用を失墜させた」

など、否定的な意見が多数寄せられました。

岡本昭彦プロフィール

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000346-oric-ent)

本名:岡本明彦(おかもとあきひこ)
生年月日:1966年
愛称:おかもっちゃん
出身校:天理大学外国語学部インドネシア学科
職業:実業家
役職:吉本興業株式会社代表取締役社長、株式会社MCIPホールディングス代表取締役会長

まとめ

宮迫博之さん、田村亮さんら吉本興業の所属芸人が反社会的勢力から金銭授受を受けていた闇営業問題について、吉本興業社長の岡本昭彦社長が記者会見を開催しました。

「会見を行うなら連帯責任で全員クビにする」といったパワハラ発言を受け、吉本興業の闇の部分が露見してしまった今回の件。

「吉本興業は終わった」
「社長がこのザマならもう終わってる」
「今の吉本に希望はない」

社長の記者会見を見た世間からこんな言葉がかけられる結果となりました。

個人的にも、岡本社長の会見は誠意がほとんど感じられませんでした。

吉本興業はこれからどうなるのでしょう?
暗い未来しか、私は想像できません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。