事件・事故・災害

台風10号(クローサ)接近でサマソニの影響は?中止の可能性とチケット払い戻しまとめ

2019年8月、台風10号(クローサ)が接近していますね。

8月といえば、16日〜18日にかけて国内最大級のフェス、SUMMER SONIC、通称サマソニが開催されます。

今回、東京と大阪同時開催ということですが、台風10号の接近に伴い、大阪での影響が懸念されています。

今回は、11日現在の台風10号の状況や、サマソニ中止の可能性、そして中止になった場合チケット払い戻しはできるのかを調査してみました。

11日現在の台風10号の様子

台風10号は11日現在、小笠原近海をゆっくりと北上しています。

[気象状況と予想]
大型で強い台風第10号は、11日3時には小笠原近海にあって、ほとんど停滞しています。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。
台風は、13日にかけて小笠原近海から日本の南を北西へ進み、その後は進路を北よりに変えながら、15日頃には西日本に接近し、上陸するおそれがあります。

[防災事項]
<強風・高波>
小笠原諸島の海上では、台風の影響で強い風が吹き、うねりを伴い大しけとなっています。
台風の影響で、小笠原諸島では、11日昼過ぎから12日明け方にかけて非常に強い風が吹き、11日夜のはじめ頃から12日明け方にかけて、うねりを伴った猛烈なしけとなる見込みです。また、東日本と西日本の太平洋側や沖縄地方では、12日午後から、うねりを伴った大しけとなる見込みです。

12日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
小笠原諸島 20メートル(30メートル)
12日にかけて予想される波の高さは、
小笠原諸島                 9メートル
伊豆諸島、東海地方、近畿地方、沖縄地方   6メートル
の見込みです。
13日は、西日本の太平洋側と南西諸島では、さらに風が強まり、波も高くなる見込みです。

小笠原諸島ではうねりを伴った高波に厳重に警戒し、強風に注意してください。東日本と西日本の太平洋側や南西諸島では、うねりを伴った高波に警戒してください。

<大雨>
小笠原諸島では台風周辺の発達した雨雲がかかり、11日昼頃に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。
12日6時までの24時間に予想される雨量は、
小笠原諸島  80ミリ
です。
また、東日本と西日本の太平洋側では、12日午後から台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大雨となるおそれがあります。15日頃にかけて、雨量はさらに多くなる見込みです。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷や突風に注意してください。

[補足事項]
今後の台風情報や、地元気象台が発表する警報、注意報、気象情報に留意してください。次の「令和元年 台風第10号に関する情報(総合情報)」は11日17時頃に発表する予定です。

(引用:https://www.google.org/publicalerts/alert?aid=dc86b35db7aac93a&hl=ja&gl=JP&source=web)

この台風はゆっくりと北西に進みながら、日本列島を直撃すると思われます。

この予想進路通りに進行するのであれば、西日本の直撃は免れません。

大阪をはじめとする関西圏では、被害に対する警戒が必要になります!

台風10号でサマソニ中止の可能性は?

サマソニは今年で20周年。

それを記念し、2019年のSUMMER SONICは東京&大阪の同時開催になります!

東京と大阪の会場は以下の通りです。

【東京】

【大阪】

そして、20周年を記念しているだけあって非常に豪華なラインナップです!

この20周年を記念したサマソニを楽しみにされている方は非常に多いのではないでしょうか?

今年のサマソニの開催期間は16日〜18日
先述の通り、予報通りの進路であれば、16日大阪に台風10号が直撃する可能性があります。

非常に豪華なサマソニが開催されるだけあって、ネット上でも心配の声が多数寄せられています。

雨天時、サマソニはどうなるのかというと、公式サイトにてコメントがあります。

本フェスティバルは雨天決行です(天災時を除く)。

(引用:http://www.summersonic.com/2019/info/attention.html)

天災はどういった基準なのか。
wikipediaによると、以下の通りです。

日本の法令上では「自然災害」は「暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害」と定義されている

(引用:wikipedia

つまり、台風によって中止になる可能性は十分にあり得るということですね。

11日現在、サマソニ公式サイトにて特にコメントは発表されていません。

予報円が広いこともあり、現時点での判断は難しいのでしょう。

サマソニは当日だけでなく、前日と前々日に会場設営があります。
それらの準備が安全にできるかどうかも開催の可否に影響が出るかもしれません。

サマソニ中止になった場合、チケットの払い戻しは?

(引用:https://www.musicman.co.jp/artist/77496)

では、もし仮に中止になった場合、チケットの払い戻しはできるのか。

こちらについても、公式サイトにてコメントを発表しています。

天災時等、やむを得ない理由により中止となった場合、チケットの払戻し等は致しませんので、予めご了承ください。

(引用:http://www.summersonic.com/2019/info/attention.html)

残念ながら、払い戻しはされないようです。。

この対応には、批判の声と疑問の声がネット上で多数寄せられています。

その他ネットでの声

まとめ

台風10号によるサマソニへの影響を危惧する声は多数ありました。

現時点(11日)では、サマソニは公式に発表されていません。

もし中止となれば、払い戻し対応を求める声が多く上がるのは確実でしょう。
しかし、先述の通りまだ判断が難しい状況だと踏んでいるはずです。

また何か情報が入りましたら、追記いたします。
最後まで読んでいただきありがとうござました。

【8月14日 追記】
台風10号接近に伴い、開催が心配されていたサマソニですが、公式サイトから発表がありました!
どうやら通常通り開催されるようです。

舞洲SONICPARKは、
8月14日午後現在、風はゆるやかながらも時折強く吹き、
台風特有の空気を肌で感じる瞬間が増えてきました。

本日は会場設営5日目です。
各ステージはほぼその姿を現し、設営作業は佳境を迎えています。
本来であれば公演前日は最後の手直しや装飾の仕上げ、
お客様をお迎えする為の全体清掃などを行います。

既にニュースで大きく報じられておりますが
台風10号が本州に接近しており、
15日(木)には四国から中国地方へ上陸し、午後には近畿地方へ最接近します。

その為、明日は終日設営作業を中断することを決定致しました。
これまでの準備を台風に耐える為に十分保護し、待ちます。
安全確認後、復旧作業の開始はおそらく15日深夜から16日の朝方になる予定です。

SUMMER SONIC 2019 OSAKAについては、
初日16日(金)より、予定通り開催する方向です。

20周年の、この日を楽しみにしていたお客様をお迎えする為に、
我々も全力で復旧、設営作業を行います。
しかしながら、開場後もしくは開演中もおそらく各所で復旧作業が行われていくことになります。
そこはレアな景色ということで何卒ご容赦下さい。

最後になりますが、
交通機関も運休などが相次いで発表されております。
皆様におかれましても、どうか明日は不要不急の外出は控え、
身の回りの安全を確保し、そして週末に備えて下さい。

明後日、皆様と会場でお会い出来ることを楽しみにしております!!

SUMMER SONIC 2019 OSAKA スタッフ一同

(引用:http://www.summersonic.com/2019/news/1238/)

大阪でのサマソニを楽しみにしていた方々にとって何より安心し、そして嬉しい情報だと思います!

最高のひと時になることを信じて疑いません!