事件・事故・災害

煽り運転加害者、宮崎文夫容疑者(43)は逮捕歴があった!ヤバすぎる経歴まとめ。

またもや悪質且つ憤りを隠せない煽り運転が発生しました。

2019年8月10日、茨城県常盤自動車道にて、宮崎文夫容疑者が、被害者男性の車に対して煽り運転をした挙句、無理やり車を停止させ、被害者男性を数発殴って怪我をさせたのです。

この事件から1週間。
ついに全国指名手配され、宮崎容疑者の顔が公表されました。

17日現在、犯人の行方は不明らしく、逮捕には至っていないようです。

こちらで調べてみたところ、宮崎容疑者のとんでもない経歴が明らかになりました。

何でも以前にも逮捕歴があるのだとか。

今回は、そんな宮崎文夫容疑者の明らかにされている経歴についてまとめてみました。

茨城常盤自動車道での煽り運転の加害者、宮崎文夫容疑者を指名手配

事件の概要については、以下の通りです。

茨城県守谷市の常磐自動車道で、あおり運転をして無理やり車を停止させた上、運転していた男性を殴ってけがをさせたとして、茨城県警は16日、傷害の疑いで住所、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)の逮捕状を取り、全国に指名手配した。

本人のものとみられるSNS(交流サイト)には、大阪を拠点に不動産事業を手掛けているとの経歴が記載されている。茨城県警は大阪などで行方を追っている。

指名手配容疑は10日午前6時15分ごろ、常磐道上り線の守谷サービスエリア付近を走っていた茨城県阿見町の男性会社員(24)の車の前に自分の車で入るなどして停止させた上、「殺すぞ」などと怒鳴りながら男性の顔面を複数回殴打して、けがをさせた疑い。

宮崎容疑者は7月21日、横浜市の輸入車ディーラーから代車としてスポーツタイプ多目的車(SUV)の貸し出しを受けた。県警はこの車を傷害事件が起きた後の今月15日に押収。被害男性が県警に提供したドライブレコーダーには、SUVが常磐道を蛇行したり、前方に割り込んだりする様子が映っていた。

宮崎容疑者が使っていた車と同じナンバープレートの車が7月23日、愛知県岡崎市の新東名高速道路・岡崎東インターチェンジ付近と静岡市清水区の国道1号であおり運転をしていたことも判明。茨城県警は宮崎容疑者が運転していた可能性があるとみて愛知、静岡両県警と連携し捜査する。

(引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48668940X10C19A8000000/)

以前も当たり屋で悪質な行為を行なっていた?

煽り運転の加害者として、日本中で報道されている宮崎容疑者ですが、実はそれ以前にも悪質な犯罪行為をしていたことが判明しました。

当たり屋をしていたとの噂なので、もし本当なら本当に悪質ですね。

危険な運転をしたと言われるこのポルシェ・カイエン。
◆三重 331 ち 9292

こちらのナンバー、宮崎容疑者のものとされるSNS(インスタグラム)でも全く同じナンバーの車が投稿されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019 06 08 午前0時15分 10tトラックに追突された事故 弊社グループ会社名義車両 ポルシェ カイエンターボ ※事故当時 天候 雨 ※新東名 上り 197.7キロポスト 片側二車線 走行車線を走行中 後方から追突された 追突された合計回数三回 購入先 ポルシェセンター青山 世田谷 事故当日に警察署に届出済み 相手方の運転手の名前及び運送会社の名前を警察署の担当者から聞いた 事故発生当日から起算して2ヶ月経過するも 相手方及び相手方保険会社から何らの連絡等一切無し 購入先のディーラーの担当者でさえも カイエンターボの修理代が軽く500万から600万円は架かると言った一方で そこに不信を覚え 役員の方に確認した すると 役員のM氏曰く 修理代は100万円を少し越えてしまうが しっかり修理して これからもカイエンターボにお乗り頂きたいと思っています との暖かい御言葉を頂戴した もしこれが 同乗者のK氏曰く 相手方はあなたを殺す若しくはあなたが経営する会社の事業活動を妨害及び阻害し損害を被らせる事等を目的として故意にぶつかって来たとしか思えない との所感が相手方の本意であるならば 大変にそれは悲しきこと事であると弊社は考えます この投稿をお読みくださっている方々並びに企業様 個人事業主様 取引先銀行様 他 関係各所の皆様はどのように思って下さりますでしょうか? 宜しければ 弊社宛に お電話或いはFAX若しくは お手紙 e-mail まで御意見 御感想 ご指導ご鞭撻等を頂戴できれば幸甚です 以上 宜しくお願い申し上げます 2019年 08月13日 (火) 午前08時18分 株式会社オマス 〒546-0041 大阪市東住吉区桑津一丁目18番12号 代表電話番号 : 06-6713-2100 代表FAX番号 : 06-6713-2200 e-mail : omasugoten@gmail.com

株式会社オマス 代表取締役さん(@omasu2019)がシェアした投稿 –

あたかも被害者であるような文章を書き込んでいますが、不意に追突されたにしては不自然な点が多く見受けられます。

本当に不意に追突されたのであれば、車体の横が損傷するのでしょうか?

後方に追突された」と記してありますが、横の損傷が一番激しいようにも思えます。

この不自然さに、ネットでも疑問の声が上がっています。

以前も逮捕されていた!女性を監禁していたとの情報あり

宮崎容疑者の悪質さは、それだけでは留まりません。

なんと、女性の監禁容疑で逮捕されていた前科があるようです。

宮崎容疑者は約10年前にも事件を起こしていた。

「朝方に警察官が何人も家の前に着て、私たちの目の前で『○時○分逮捕』と宣告され、連行されていきました。『女性を監禁した』と後で警察官から聞きました。

連行されるとき、宮崎はワーワーとずっと騒いでいて、なかなか警察車両に乗ろうとせず、さらに応援で警察官が何人かやってきて、なんとか後部座席に乗せるような有り様だった。警察から戻ってきてからは、かえって夜に出歩くことが多くなったようでした。昨年は京都でタクシー運転手を監禁したという話も聞きました」(同前)

(引用:https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-374557/)

こちらの詳細についてはこれ以上書かれていないですが、どちらにせよ、こちらも悪質なのは間違いありません。

贅沢な身分故に身勝手な行為を繰り返し、何度もトラブルを起こしてきたようですね。。。

宮崎文夫容疑者の特徴は?

宮崎容疑者の職業は一体何か。

こちらで調べて見たところ、不動産経営をしていることが判明しました。

そして、幼少期から裕福であったこともわかっています。

「宮崎容疑者のお祖父さんは資産家で、幼少期はなに不自由なく過ごしていました。現在の会社兼自宅となっている大阪市内のマンションに引っ越したのは30年ほど前です。高校は難関進学校に進み、母親もこの頃は『自慢の息子だ』と嬉しそうに話していました」(近隣住民)

(引用:https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-374557/)

大学も有名なところへ進学し、卒業後は株式会社キーエンスに就職したそうですが、わずか半年で退職しています。

理由として、人間関係が影響しているようです。

宮崎文夫容疑者が不動産事業を始めたきっかけは、祖父が所有するマンションを引き継いだことから不動産の管理や賃貸業を始めたことからとか。

また、不動産コンサルティングも手掛けており、ビジネスマン向けのWEBマガジンで取材を受けた経験もあるようです。

その時の画像がこちら↓

金髪にスーツ姿と、この姿だけでも派手さが伺えます。

そして、宮崎容疑者が経営する会社の名前も宮崎プロパティマネジメント株式会社であることも判明しています。

宮崎文夫容疑者に対するネットの反応

まとめ

宮崎文夫容疑者の経歴についてまとめてみました。

その結果、宮崎容疑者が驚くほどのトラブルメーカーであったことが判明しています。

被害者男性が運転する車を高速道路という一番車を停止させてはいけないところに車を無理やり停止させ、さらには被害者男性を数発殴って怪我をさせるという怒りを覚えるような行為を犯してしまいました。

一刻も早く逮捕されることを願うばかりです。

そして、これを機に悔い改めて欲しいものです。

全国ネットで報道された以上、以前のような生活に戻ることは難しいかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【8月18日追記】
大阪市内で、宮崎容疑者を発見、身柄を拘束したと報道されました。

茨城県警に身柄を移し、取り調べを受けるということなので、ひとまずは安心ですね。

取り調べの際、何と供述するのか気になるところではあります。

こちらについても、詳細がわかり次第、追記します。