まだ結婚できない男

まだ結婚できない男第4話・劇中の香水「ルシャノワール」は実在する?【ネタバレあり!】

注意!ネタバレあり!

2019年10月29日、「まだ結婚できない男」第4話が放送されました。

第4話では、桑野信介(阿部寛さん)の母、桑野育代(草笛光子さん)が自宅の雨漏りにより、桑野の妹、圭子(三浦理恵子さん)らの家族の家にいたものの、些細なことで喧嘩したことにより桑野の自宅マンションに転がり込んでくるところから始まります。

そして、圭子は桑野に自分に代わって育代に誕生日プレゼントを渡して欲しいと頼んできます。

困り果てた桑野ですが、まどか(吉田羊さん)との相談と勧めもあり、最終的に選んだのは「ルシャノワール」という香水。

この香水ですが、ネットでも実在する物なのか気になる方は多いようです。

今回は、誕生日プレゼントに選んだこの香水は実在するのかをチェックしてみました!

一部ネタバレが含まれていますので閲覧には注意してくださいね!

まだ結婚できない男・第4話あらすじ

(出典:https://thetv.jp/news/detail/210401/)

水漏れした自宅から避難し、娘の圭子(三浦理恵子)の家に泊まっていた育代(草笛光子)が、ささいなことで圭子とケンカをして桑野(阿部寛)の部屋に転がり込んでくる。部屋に人を入れない主義の息子のことなどお構いなしの母親を何とか追い返したい桑野は、仮住まいを用意させるべく、水漏れの原因を作ったリフォーム会社と交渉してほしいと、育代を連れてまどか(吉田羊)に依頼する。

その後、まどかから有希江(稲森いずみ)を紹介され、英治(塚本高史)とも久しぶりに再会した育代は、まどかに、息子のまわりにたくさんの人がいて安心したと胸の内を明かす。その言葉に母親の愛情を感じ、桑野と育代の母子関係にどこかうらやましさを感じたまどかは、「お母さんといると、自分の母親といるより落ち着きます」と、育代にある悩みを打ち明ける。

一方、桑野の元には圭子から電話が。意地を張って素直になれない圭子は、数日後に誕生日を迎える育代のために、今年は自分に代わって桑野に誕生日会を開いてほしいという。さらに、必ずプレゼントを渡すよう命じられ、困り果てた桑野は渋々まどかに相談しに行く。まどかから「要するに照れくさいという事ですね」と指摘され、痛いところを突かれた桑野が、思わず「自分はどうなんですか」とムキになると、まどかは「私は親不孝な娘なんです…」とポツリ。それを聞いた桑野は、いつもと違うまどかの様子に動揺してしまい…?

(引用:https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/story/04.html)

まだ結婚できない男・「ルシャノワール」は実在する?

桑野が自身の母、育代への誕生日プレゼントとして選んだ香水「ルシャノワール」。

お値段も1万7千円とかなり高い香水であることがわかります。

ハイブランドレベルの香水ですが、ネットでも実在するのか気になる方は多いようです。

筆者の私も一番気になっていました。

なので、できるだけ広範囲に情報を集めてみました!

しかし、残念ながら現時点では有力な情報は見当たらず、この「ルシャノワール」という香水は架空の存在である可能性は高いです。

実在する香水を使うとなると、やはり商品のロゴやパッケージのデザインなど、著作権に大きく関わります。

劇中で登場する車も、スポンサー以外のロゴが隠されていましたね。
ちなみにダイハツがスポンサーに含まれているため、まどかの愛車のロゴは隠されていません。

なのでスポンサーの影響で実在の物は使わず、架空のブランドとして登場した可能性は非常に高いですね。

こちらについては新しい情報が入りましたら追記いたします。

【10月31日追記】
ルシャノワールが架空のブランドである裏付けができる情報が出てきました。

ルシャノワールのショップとして使われたロケ地(店舗)です!

銀座にあるESTEBAN GINZAという店舗。

こちらも香水を取り扱う店舗のようですね!

ESTEBAN(エステバン)というブランドは南フランスで生まれたブランドで、世界トップレベルの調香師の方が数多くの香水を生み出しているみたいです。

取り扱うのは香水だけでなくお部屋用のフレグランスやキャンドルも取り扱っており、様々な場面で香りで華を添えることができます。

銀座にあるブランドだから結構高い商品ばかりなのかな?
と思った筆者ですが、調べてみたところ、2000円からと比較的お手頃価格の商品を取り扱っていました。

ご興味を持たれた方、是非足を運んでみてくださいね!

まだ結婚できない男・「ルシャノワール」の意味は?

もう一つ気になるであろう「ルシャノワール」の意味。

ローマ字での綴りだと「Le Chat noir」と書きますが、この文面だけでもかなりオシャレですよね笑

この文面の雰囲気通り、この「ルシャノワール」はフランス語からきており、「黒猫」を意味します。

この「ルシャノワール」という名前、フランスだけでなく日本でもあらゆる分野で使われています。

フランスの場合、かつてパリにあった文芸キャバレーの名前として使われたことがあり、日本だと洋食店、リラクゼーションのお店、そしてマンションの名前などに使われているようですね!

まだ結婚できない男・第4話に対するネットの反応

まとめ

まだ結婚できない男第4話で登場する「ルシャノワール」についてチェックしてみました。

現時点で出ている情報を見る限り、ルシャノワールは架空のブランドであったこと、ルシャノワールの意味については日本語で黒猫を意味する言葉であることがわかりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

まだ結婚できない男第1話・早坂夏美先生の現在が判明!【ネタバレあり!】注意!ネタバレあり! 2019年10月8日、「まだ結婚できない男」第1話が放送されました。 その中で、前作のヒロインで、最終...
まだ結婚できない男第2話・あのパグに新しい飼い主が現れる?!【ネタバレあり!】注意!ネタバレあり! 2019年10月15日、「まだ結婚できない男」第2話が放送されました。 第1話から登場しているペットシ...
まだ結婚できない男第3話・吉田羊がモグラ叩きをしていた場所はどこ?【ネタバレあり!】注意!ネタバレあり! 2019年10月22日、「まだ結婚できない男」第3話が放送されました。 まどか(吉田羊さん)や有希江(...