アイドル

豆柴の大群ナオ・オブ・ナオが未成年飲酒で炎上!処分の可能性は?脱退or活動休止?

人気番組「水曜日のダウンタウン」の企画から誕生し、今も絶大な人気を誇るアイドルグループ「豆柴の大群」。

そのメンバーの一人であるナオ・オブ・ナオことナオさんが当時19歳の時に飲酒していたことが発覚し、炎上する騒ぎになりました。

この情報がリークされたことで、ナオさんが脱退or活動休止の可能性はあるのでしょうか?

今回は、飲酒騒動の概要と、ナオ・オブ・ナオの豆柴の大群の脱退or活動休止の可能性について調べてみました。

豆柴の大群ナオ・オブ・ナオが飲酒で炎上!概要まとめ

豆柴の大群のナオ・オブ・ナオの未成年飲酒が発覚したのは、週刊誌の「FLASH」から。

その時の写真が以下の通りです。

写真では、テーブルに酎ハイや缶ビール、そして焼酎が並んでいるのが分かります。

この写真が撮られた当時、ナオさんは19歳。
この日、ナオさんの友人の引っ越し祝いの最中だったということです。

また、この場の参加者によると、

「当日は、友人引っ越し祝いの会で、19時ごろ始まった。終電で帰る人もいたが、ナオは自ら「泊まる」と言いだして、友人男性らと朝まで雑魚寝していた」

「ナオは、缶のアルコール数本と、シャンパンなどを飲んでいた。泥酔することはなかったが、この日以外にも飲酒することはあった」

ということで、この日以外にも飲酒をしていたことが発覚しています。

ちなみに、これが発覚したのは、参加者からの告発からで明らかになったようです。

法的に飲酒が許される年齢(20歳)まであと少しということで、飲みたくなる気持ちは分からなくもないですが…。

とはいえ、未成年での飲酒はもちろんダメです。

豆柴の大群ナオ・オブ・ナオの処分の可能性は?脱退or活動休止?

未成年の飲酒が発覚したナオさん。

何かしらの処分の可能性はあるのでしょうか?

今回の件について、ナオさん本人と豆柴の大群側から謝罪のコメントがありました。

平素は多大なるご高配を賜り誠にありがとうございます。

弊社所属のナオ・オブ・ナオに関しましてご報告を申し上げます。
2月18日発売のFLASHの紙面におきましてナオ・オブ・ナオが未成年時に飲酒していた様子が報じられることになっております。
本人へ確認したところ、完全に事実と確認できました。

日ごろよりお世話になっております関係者の皆様、また、応援して下さっているファンの皆様に対して、多大なるご迷惑とご心配をこれからおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

現在、本人は成人しておりますが、事態の重さを鑑みて、ナオ・オブ・ナオに関しては深く反省を促し、今後このようなことがないよう、しっかりと監督し、今まで以上に豆柴の大群の活動に精進させたいと存じます。
改めまして、この度は、ご迷惑とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんでした。

弊社としましても、本件を重く受け止め、ご迷惑をおかけした皆様には誠心誠意対応させていただき、改めて社員・アーティストへの指導・教育を徹底し、再発防止に努めて参りますので、引き続き、ご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。

株式会社WACK 代表取締役 渡辺淳之介

(引用:https://mameshiba-no-taigun.jp/news/20200218-211/)

脱退や活動休止の可能性についてですが、こちらは公式に発表があったわけではありません。

しかし、今後ナオさんが脱退or活動休止になる可能性は低いと思われます。

というのも、事務所側が「再発防止に務める」「今まで以上に豆柴の大群の活動に精進させたい」とコメントしていることから、ナオさんは今後も豆柴の大群として活躍していくはずです。

そして、いくら未成年で飲酒をしたとはいえ、他人に危害を加えたりなどはしていないのは確か。

未成年の飲酒だけで脱退or活動休止になるのは大げさのように思えます。

本人も反省しているとのことなので、引き続き見守っていきましょう。

豆柴の大群ナオ・オブ・ナオの未成年飲酒に対するネットの反応

未成年での飲酒が発覚したナオさんですが、そこまで厳しい声は見受けられませんでした。

「しっかりと反省してこれからも頑張ってほしい!」と言った応援の声が多数寄せられていました!

まとめ

豆柴の大群のナオ・オブ・ナオことナオさんが未成年で飲酒をしていたことが分かり、ネットで大きな話題になっています。

今回の件で脱退or活動休止になる可能性は、今後も踏まえると低いと言っていいでしょう。

もちろん、未成年での飲酒はダメですが、まだ若いので羽目を外したくなるはずです。

ナオさん本人もその事実を認め、反省していることから、今後の活動も引き続き見守っていきましょう!

これからの活躍にも注目したいところです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。