アイドル

中居正広ジャニーズ退所(独立)で舞祭組はどうなる?活動終了の可能性アリ?

2020年2月20日、元SMAPの中居正広さんがジャニーズ事務所を退所し独立することが報じられました。

ネットでも驚きとショックの声で溢れていますが、もう一つ気になるのがKis-My-Ft2から生まれたグループ「舞祭組」がどうなるか。

舞祭組は中居さんプロデュースしたグループとして知られていますが、中居さんが退所することで何かしらの影響はあるのでしょうか?

今回は、中居正広さんがジャニーズ事務所の退所(独立)することで、舞祭組の活動に影響はあるのかを調べてみました。

中居正広がジャニーズ退所!概要まとめ

中居正広さんが、ジャニーズ事務所を退所することが分かり、ネットでも大きな話題になっています。

報道によると、中居さんは3月いっぱいで退所するとのことです。

2016年12月にSMAPが解散して以来、中居さんと木村拓哉さんはジャニーズ事務所に残留していましたが、(残り3名は別の事務所に移籍)今回中居さんが退所することで、SMAPのメンバーの中で木村拓哉さんだけがジャニーズに残ることになります。

タレントの中居正広(47)が30年以上にわたり所属したジャニーズ事務所を3月いっぱいで退所し、独立する意向を固めたことが「週刊文春」の取材で分かった。事務所関係者が「週刊文春」の取材に明かした。2月21日にも正式に発表すると見られる。

中居が所属したSMAPは2016年12月末に解散。その後も中居と木村拓哉(47)はジャニーズ事務所に残留したが、稲垣吾郎(46)、草彅剛(45)、香取慎吾(43)の3人はSMAPの元マネジャー飯島三智氏が代表を務める「CULEN」に移籍した。

前出の関係者によれば、中居はすでに昨年6月までに契約を更新しない旨の意向を表明し、ジャニーズ側も了承した。藤島ジュリー景子社長も中居の考えを尊重していたが、話し合いの時期に昨年7月に亡くなったジャニー喜多川元社長が病床に伏していたこともあり、公表は先延ばしになっていたという。

「契約問題の混乱を避けるために中居はCMに出演せず、7大会連続で司会を務めたTBSの五輪キャスターの仕事も辞退していた。中居の運転手兼マネジャーも事務所から出向する形で活動をサポートする予定で、今後もジャニーズとは良好な関係を維持して行く」(同前)

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200220-00035947-bunshun-ent)

具体的な理由については現在明らかになっていませんが、2月21日に正式に発表するということで、その日何らかの形で判明するかもしれません。

何か新しい情報が入りましたら、追記致します。

中居正広ジャニーズ退所(独立)で舞祭組はどうなる?

ファンにとってはかなり衝撃的な中居正広さんのジャニーズ事務所の退所(独立)報道。

退所(独立)理由についても気になるところですが、ネットではもう一つ気になることがあるようです。

中居さんが退所することで、キスマイの派生ユニットである「舞祭組」がどうなるのか気になる方は多いようです。

舞祭組は中居さんがプロデュースしたので、中居さんが退所することで舞祭組も活動を終了するとなるとかなりショックですよね?

こちらについては、現在公式の発表はありませんが、中居さんの退所報道が出たことで公式の発表を望む声もあります。

なので、今回ご紹介するのはあくまで予測となりますが、個人的に舞祭組が活動を終了する可能性は低いかなと思います。

というのも、報道で中居さんは「今後もジャニーズとは良好な関係を維持して行く」としており、中居さんがレギュラーを務める番組も継続していくとのことです。

藤島ジュリー景子社長も中居さんの考えを尊重していたということで、ジャニーズ事務所と関係がギクシャクした等の悪い方向の退所理由ではないことは確かです。

舞祭組への関わりも、表立ったものではなくなるかもしれませんが、別のプロデューサーが跡を継いで活動を継続していくのではないでしょうか?

こちらについても2月21日に正式に発表があるかもしれないので、何か新しい情報が入りましたら追記致します。

中居正広のジャニーズ退所に対するネットの反応

まとめ

中居正広さんのジャニーズ事務所の退所(独立)が判明し、ネットでも大きな話題になっています。

中居さんがプロデュースしたキスマイの派生ユニット「舞祭組」の活動がどうなるのか気になる方が多いですが、現在の報道から舞祭組が活動を終了する可能性は低いかもしれません。

しかし、あくまで推測です。
こちらについても2月21日に公式に発表があるかもしれません。

退所理由についても気になるところではありますが、今後も中居さんの活動を応援したいところですね。

今後の動きにも注目したいところです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。