生活

【最新】マスク栃木県の入荷店舗や在庫情報まとめ!どこも売り切れ?

相変わらず日本で猛威を振るっている新型コロナウイルス。

感染拡大が広がっていると同時に、マスクの在庫状況も深刻化していますね。

特に花粉のシーズンに入りますから、尚更死活問題な方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、栃木県内でのマスクの入荷店舗や在庫情報についてご紹介していこうと思います。

この記事のみの判断だけでなく、実際にご自身の目で確認されることをお勧めします!

スポンサーリンク

栃木県のマスクの在庫情報は?

栃木でのマスクの在庫状況はどうなっているのでしょうか?

24日現在、栃木県のどこのコンビニやドラッグストアでも売り切れが続出している模様です。

他の地域では、ネットで「マスクを手に入れることができた」という声を見かけることができましたが、栃木県の場合だとそう言った声をあまり見かけることができませんでした。

したがって、栃木県でマスクを手に入れるのは難しい状況であることが伺えます。

こちらで根気よく探してみたところ、いくつかの店舗で入手できたという情報が入ってきました。

箇条書きにしてまとめてみると、

◆ツルハ薬局 新栃木店

◆ドンキホーテ 栃木店

◆カンセキ 栃木店

◆ウエルシア薬局今泉新町店

◆宇都宮市のサンキ

◆左の駅前のセブンイレブン

となりますが、あくまでネットで把握できた範囲なので、実際はこれよりもっと多くの店舗で取り扱っているかもしれません。

そして、上記に挙げた店舗でも現在品切れになっている可能性は高いので、あらかじめご了承ください。

ここまで品切れが相次ぐと、お手上げ状態にはなりそうですが、いくつか穴場スポットがあるようです。

マスクを取り扱っているイメージを持っていない方は多いとは思いますが、実はしまむらでもマスクの取り扱いがあるみたいですね。

入荷は不定期ではありますが、しまむらがマスクを取り扱っているイメージを持っている方は多くはないため、穴場かもしれませんね!

店舗ごとに入荷のタイミングは異なるため、確実に知りたい方はお近くの店舗に問い合わせてみるといいかもしれません。

また、最近では大型家電量販店でも取り扱っているのを見かける方は多いのではないでしょうか?

そのため、大型家電量販店でもマスクの品切れが相次いでいるようです。

狙いとしては、チラシでマスクの宣伝をしていない大型家電量販店ではないでしょうか?

チラシにマスクの宣伝があると、その分競争率が高くなり、手に入るのが難しくなる場合があります。

なので、あえてチラシ等でマスクの宣伝をしていない大型家電量販店を狙うことで手に入れられる可能性が高くなります。

しかし、その場合一切マスクが取り扱っていない場合もありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

栃木県のマスクの入荷店舗は?

マスクが入荷する店舗として一番の狙い目は、やはり大型のドラッグストアでしょう。

ドラッグストアでのマスク入荷は、朝一番が多いようですが、マスクの需要が高まっている今、朝の開店前から並んで買い占める方がいるようで、手に入れるのが難しい状況のようです。

本当に必要な方たちに回らなくなるので、転売目的の買い占めは絶対やめましょう!

栃木県内の主なドラッグストアを以下にまとめてみました。

◆カワチ薬品

◆ウエルシア

◆マツモトキヨシ

◆クスリのアオキ

上記の店舗がマスクの在庫がある可能性は十分ありますが、かと言って在庫ありを保障するものではありません。

上記以外の販売店でも、マスクがまだ売られている可能性は高いです。

栃木県で多く店舗を構えるドラッグスストアのホームページを以下に掲載しておきますので、店舗の場所や在庫の状況、そして営業時間等を確認してみてくださいね!

カワチ薬品はこちら

ウエルシアはこちら

マツモトキヨシはこちら

クスリのアオキはこちら

 

栃木県のマスクの品薄状態はいつまで続く?

栃木でのマスクの品薄状態はいつまで続くのでしょうか?

先日には24時間体制の強化で17日の週から毎週一億枚以上供給できるとの発表が政府からありましたが、まだ店頭にマスクが並んでいない状況のようですね。

そして、配布されるマスクは医療や介護の現場が優先される模様です。

命に関わる現場なので、これは仕方がないと言って良いでしょう。

そして、マスク製造元もマスク供給のためにフル稼働で動いているとのことなので、3月あたりにはマスクの品薄状態が解消されるかもしれません!

あと、中国人や転売目的の人による買い占めが相次いでいます。

各店舗も「一人一個まで」と制約を設けていますので、本当に必要な方達にも届くよう、その制約はしっかり守りましょうね!

スポンサーリンク

まとめ

栃木県での現在のマスクの在庫状況や入荷状況についてまとめてみました。

個人的な見解にはなりますが、栃木県は他の地域に比べてマスクが手に入りくい印象を受けました。

こちらでご紹介した店舗以外にも、コンビニなどお近くの店舗でまだ売られている可能性もあります。

マスクの品薄状態が解消されるであろう3月には、少しでも新型コロナウイルスの感染拡大が収まればいいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク