ニュース

100日後に死ぬワニは電通案件のステマ?いつから取引してた?疑惑浮上で炎上!

2020年3月20日に完結したきくちゆうきさん作の「100日後に死ぬワニ」。

100日目に描かれた結末に、ネットでも多くの話題を呼びました。

そんな「100日後に死ぬワニ」ですが、電通案件のステマではないかと一部ネットで囁かれ、炎上しているそうです。

一体どういうことなのでしょうか?

今回は、100日後に死ぬワニの電通案件のステマ疑惑についてご紹介していこうと思います。

100日後に死ぬワニは電通案件のステマ?経緯まとめ

2019年12月12日から始まったきくちゆうきさんの「100日後に死ぬワニ」。

2020年3月20日に完結を迎えた本作品ですが、ここにきて炎上しているそうです。

炎上している理由は電通案件によるステマ疑惑から。

一体なぜ炎上しているのでしょうか?

炎上した理由はいくつか存在するようです。

まず一つ目は、100日後に死ぬワニの公式ツイッターアカウントの管理会社の取引先の一つとして「電通」があったためです。

電通は過去に社員が過労自殺したことで大きなニュースになりました。

100日後に死ぬワニの公式ツイッターアカウントの管理会社は株式会社ベイシカ。
公式サイトでも電通と取引企業の一つとして掲載されています。

そして、2つ目の理由として挙げられるのが、3月20日にYouTubeにて公開された「100日後に死ぬワニ」といきものがかり「生きる」のコラボムービーのクレジットに電通関係者である根本陽平さんがいたことです。

(出典:Twitter)

根本さんは、2008年に電通パブリックリレーションズに入社。
商品サービスのキャンペーンのプランニングなどを手がけるPRプランナーを務めています。

(出典:Twitter)

また、根本さんはPRプランナーであると同時に企業広報戦略研究所の主任研究員の顔を持っています。

まさにPR業界のプロ中のプロである根本さんが「100日後に死ぬワニ」に関わっていたことで、一気に炎上に繋がったのです。

主人公であるワニが亡くなってから、一気にグッズやメディアに展開したことによって、ネットでも批判や疑問の声で溢れています。

100日後に死ぬワニ電通案件のステマはいつから取引してた?

今回、電通との取引疑惑が浮上している「100日後に死ぬワニ」ですが、仮にそれが本当だとしたらいつから電通と取引があったのでしょうか?

最初から?それとも途中から?
ネットでもいつからなのか議論されています。

様々な意見がありますが、「100日後に死ぬワニ」を公開する前、そこまで有名ではなかったきくちさんの案件に、電通が最初から通るわけないと言った声もありました。

映画化の他にも、グッズの展開も決定している「100日後に死ぬワニ」。

ここまで素早い決定ができたのは「最初から電通が関わっていたから」という意見もありました。

仮に「100日後に死ぬワニ」が電通案件だとした場合、いつから関わっていたのでしょうか?

この議論はさらに長く続きそうです。

皆さんはどう感じるでしょうか?

100日後に死ぬワニのステマ疑惑に対するネットの反応

「100日後に死ぬワニ」は、多くの方の感動を呼びました。

その後、メディアやグッズの展開のお知らせを怒涛の勢いで発表したためにネットでも「冷めた」と言った否定的な声がたくさん寄せられています。

上記のように、電通は過去に社員が過労自殺したことで大きく取り上げられました。

「100日後に死ぬワニ」は、命の大切さを伝える作品ですので、そうした作品に電通が携わることに違和感を感じる方は多いです。

他にも、「金儲けのためのビジネス感があって萎えた」と言った声もありました。

まとめ

100日後に死ぬワニが電通案件のステマ疑惑が浮上し、炎上しています。

社員の過労自殺によりいいイメージがつかない電通が100日後に死ぬワニに携わっていたため、ネットでも批判や疑問の声など否定的な声が数多く寄せられています。

公式に発表があったわけではないので、詳しい情報はわかりませんが、物語が完結した2020年3月20日のうちにグッズやメディアの展開を発表したためにそう言った疑惑が浮上してしまうのもおかしくはありません。

命の大切さを教えてくれた「100日後に死ぬワニ」。
この作品が金儲けのためのビジネスとは考えたくはないですが、真相はそうなのかとても気になるところですね。

真相が明らかになる日は来るのでしょうか?

今後の動きにも注目したいところですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。